読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

.milk and honey.

見えないちからや偶然をもっと信じていいよね

飛んで未来の先に行け!



あけましておめでとうございます。
皆さま輝かしい新年をお迎えのことと心よりお慶び申し上げます。



って、かたいよ!真面目か!
はい。さっそく原くんの芸風をパクってみました(芸人ちゃう)。原くんね~大好きなんだよ〜。原くん好きだわあ。林くん?林くんのことは宇宙一好きです。大真面目。
今年はブログに写真を載せてみようかとおもって。夕焼けと夜のグラデーションがきれいだったから載せる。田舎は空が広いんだよ〜。あと見て!一番星見える?右上。宵の明星?
一番星が光ってるのを見て、ああ林くん元気かなあ〜っておもいました。私の一番星。






「この日、この瞬間を忘れない!」
そんな瞬間が何度も訪れた2016年だった。

“役者林翔太”覚醒の春となった『滝沢歌舞伎2016』。三役を巧みに演じ分け、愛憎と怨念渦巻く怪談の世界へと観客をいざなった林くん。お芝居だけでなく「seasons」では歌声を、「Maybe」ではそのダンスを堪能できたのも嬉しかったなあ。ダンスも一歩攻めた魅せ方っていうのかな、しなやかさの中に強さを感じたり、情緒あふれる眼差しに胸が切なくなったり。林くんのダンスがほんとうにほんとうにだいすきだ〜〜!ってしみじみ思ったの。息をするたびに胸いっぱいの幸せを吸い込むような日々だった。
祝TV!祝地上波!がまさかのクリエ最終日とカブったNHK時代劇『鼠、江戸を疾る2』。“林翔太”でキーワード登録してた自動録画予約が初めて稼働しててめちゃくちゃ感動した〜!林くんNHK顔だし(ってどんなやねんって言われそうだけどなんとなくわかるでしょ?)、今後もお声がかかりますように><そして滝様、本当にありがとうございました。
9月には自身初となる外部舞台、舞台「アンダースタディ」。シュンちゃんとの出会いは私たちファンにとっても忘れがたいものとなりました。こんな林くん観たことない!役を通してそんな姿と出会える喜びを教えてもらった。そしてそれとおんなじくらい、カーテンコールで“いつもの林くん”に戻るのもすきだったなあ。誰の後ろでもなく、舞台の真ん中に立って、いつものように「ありがとうございました」って感謝を口にする林くんの姿はいつも以上にグッときた。千穐楽のあの達成感に満ちたような晴れやかな表情も宝物。こんな林くんの姿や表情を目にすることができてファン冥利につきるなあっておもった、夢のような10日間だった。ウルトラマンとおんなじエレベーターに乗ることも今後きっとないだろうね(笑)
そして10月末。これも自身初、持ち前の声の良さを活かした声のお仕事への挑戦!NHKラジオドラマ「劇ラヂ!2016」。声だけで感情の機微を表現する様子がとっても印象的で。これからもこうやっていろんなことを経験して表現の幅を広げていく姿を見守っていきたいなっておもった。

と、2016年は主にお芝居のお仕事を通して林くんの新たな魅力と出会った年。
蒔いてきた種が花開くように、真摯に培ってきた実力を発揮して活躍の場を広げていく様は本当にかっこよかった~。林くんが「お芝居を頑張りたい」って今後の野望を言葉にして伝えてくれたこともすごく嬉しかった。ほんっと2016年の林くんかっこよかったよね?!やっばいな……って思ったもん。どうしようすごい好きなんですけど、って。引き返すつもりは毛頭なかったんだけど、もう林くんがいる限り私ジャニオタだわ添い遂げるわ、って何度目かの覚悟を決めたの。大好きな人への愛が重いのは林くん譲り、いわゆる担タレってやつだから許してほしい。

他にも、ジャニーズJr.カレンダーに最新プロフィールが載ったり、『ゴゴスマ!』の“ラッキーアイテムJr.”への出演*1、歌舞伎やアンダースタディのくくりでの雑誌掲載、遂に…やっとThey武道ダンスクの表紙に!、林くんダンスクの「ジャニーズJr.徹底解剖」企画の一人目に選ばれる、などTVや紙媒体へのメディア露出もひとつひとつがほんっとうれしかった。

もうねほんと、去年のこと話し出すと「うれしかったbot」「幸せだったbot」「林くんありがとうだいすきbot」になってしまう勢い。それくらいほんっと林くんのファンで居られて幸せだったの。
こないだの嵐コンでも実感したんだけどね、好きだな素敵だなって思う人(タレント)は他にもいるけれど、私こんなにもその存在にときめく人って林くんだけなんだよ。今現在。ナウ。そういう存在を端的に「自担」って言うんだろうねきっと(笑)そういう、理屈抜きで大好き!が湧き出るこの感覚や感情と、そうやって幸せをもたらしてくれる存在をこれからも大切にしていきたい。自分の中の「好き」に素直になるとこんなにハッピーなんだなあって実感した1年だったなっておもいます。




そうして季節は冬に差し掛かるころ。
「ねえ、Theyが増えるって噂の出どころってどこか知ってる?」
友達にそんな連絡をしたのはちょうど劇ラヂの頃だったっけな。
They武道から宇宙Sixへ。
2016年は、ユニットが大きな変革を遂げた年でもありました。
いやいやまじ…なの?原めぐ…?って思いながら札幌に飛んだらまじだった。
ここに来て更なる変革を選ぶ、築いてきたものを手放してまで一世一代の*2大勝負に出たThey武道(と幸大くん)、めちゃくちゃかっこいいなって思うんです。全然未来を諦めてなんかない。
そしてそんな船(…宇宙船にしとく?林くんロケットって言ってたか)に一緒に乗り込んで、新たな風を吹かせてくれる原くんと目黒くんには本当に感謝!の一言に尽きる。原くんと目黒くんのファンの方も、一筋でも光を感じてくれていたらいいな。
ていうか、ねえ、カウコン観た?
宇宙Sixご覧になりました????

「2017年はきっと明るい年になるよ!」

Theyたくの2周年記念スペシャルメッセージで林くんが綴っていた通り、
明るい一年になると期待せずにはいられないほどの活躍っぷり。衣装もたくさん用意してもらっててうれしかった~!白スーツ着る林くんだいすきの極み。V兄さんのバックにつく宇宙Sixもめっちゃかっこよくて。ユニットが6人になったから実現した光景なんだなあって、思ってさ。なんかすごくグッときた。


と、そんな風にまさに輝かしくスタートした2017年。
とか言いながらそういえばなんか3月?だっけ?にあるJr.コンに宇宙さん呼ばれてないことをたった今思い出したけど全然泣いてない。泣いてないよ。帝劇で「宇宙に未来はない」って書いてある紙ばら撒かれてるらしいけど全然泣いてない。まあ宇宙Sixができた時点で未来のないところに爆誕して道つくろうとしてる感じするもんね。未来は切り拓いていくものだ。
2017年、江田さんも話していたように、6人だから叶ういろんなことを大きいことも小さいこともひとつでも多く手にすることのできる年になりますように。さらなる飛躍を心より、心より心より祈ってる!よ!


というわけで、
本年も、林くんがくれるハッピーをたくさん書き留めていく所存にございます。真面目か!口上か!
みなさまにとっても、ハッピーな1年になりますように!
本年もよろしくお願いいたします。

*1:「塩で身体を清めることにはまっている」と紹介されスタジオの空気が凍ったのもこのとき

*2:と言っても多分過言ではない