読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

.milk and honey.

見えないちからや偶然をもっと信じていいよね

それはまるで一筋の光

林翔太 滝沢歌舞伎

2016年1月19日。
「滝沢歌舞伎2016」の制作発表があった日。*1


「林 翔太」
連なる出演者名の中に見つけた林くんの名前。
ーージェシー京本大我、増田良、林翔太ーー
見慣れないその並びは、They武道からは林くんのみの出演であることを物語っていた。


純粋に嬉しかった。
心躍る春に、再び演舞場で林くんの姿を観られると分かって。
同時に、行き場のない寂しさと不安も抱いていた。
江田くん亮太くんだけじゃない、みんないない。幸大くんもMADEも。こんなにもみんないない。
受け容れられるのだろうか、果たしてその光景を愛せるのか。
そして、どれだけ本人たちがグループで在ることに重きを置いていてもその意思が活動に反映される/できるとは限らない、ということも思い知った。*2Jr.とはそういうものなのだと。
みんなスライムのように分身できたらいいのにって割と本気でそう思った。



期待と不安が入り混じっていたものの、
この2016年の春は林くんにとって挑戦の春、そして勝負の春になるのだと、そう確信していた。しがないファンの一人ながら。
そんな中、いくつかの雑誌にて今年の歌舞伎について林くん自身の言葉で語られ始める。*3
飛び込んできたのは「一人三役一人芝居」というフレーズ。
期待を抱かない訳がなかった。
今年の春は何かが違う、どんな林くんと出会えるのだろうかと、期待は募りに募るばかり。


そうして迎えた初日。4月10日(日)。
滝沢組の春の幕開けにふさわしい清々しい晴天。少し汗ばむくらいだったっけな。
この日に受けた衝撃を私は忘れないと思う。
こんなにも、こんなにも目一杯期待して行ったはずなのにこれほどの衝撃を受けるなんて、まだ期待し足りなかったかな?なんて思ったことを覚えてる。(と言いつつどれだけ期待して行ってもその期待を超えるものを魅せてくれるのが林くんだということも知ってる)
いつもは内に秘めていたアツさをさらけ出すように、全身全霊で挑む林くんの姿がそこに在った。
なんて人を好きになってしまったんだろうって、初日明けてからずーっと思ってるよ。
林くんがその世界に身を置く限り、私はもう林くんから目を離すことはできないと何度目かの覚悟を決めた日でもあった。



初日から完成度の高かったそのパフォーマンスは、観るたびに更に進化し続けているのが見て取れた。
初日から100%のものを見せ、そこから更により良くしていこうと、いつもその時々における最善を見せてくれようとするのが伝わる林くんのその姿勢が好きだなあと改めて思った。


そうして、目立ったミスもなく、あんなにも叫びながらも喉を潰すこともなく、無事に疾り抜けた全49公演。


一つの興行が無事幕を下ろすということは、
今回でいうところの全49公演を無事完走するということだけではなく、
出演者にとっては稽古期間を含めて、
ファンにとっては発表されたその日からの期間を含めて、
この「滝沢歌舞伎2016」を待ちわびそして謳歌する日々が終わりを迎えるということなんだなあというのをしみじみ感じていたりもします。

ワクワク、ソワソワしながら初日を待ちわびていた日々もとっても楽しかったから。

「一回一回気を引き締めて、新しいものを出していきたい。
歌い方も踊り方も、少し今までとは変えてやってみたいって思っています」*4

滝沢「林は実力派です。(中略)役者・林翔太として頑張ってもらおうと。本人もアツい想いを持ってますから、期待してるんですよ。」*5

「今回このメンバーに選ばれたときは違和感でしかなかったんですが、入れて良かったと思われるようにしたいと思っています。」*6

「舞台では見せ場もたくさん作っていただいて、特に課題なのが一人三役の一人芝居。セリフも多いのでノートにひたすら書いて覚えています。そんなことするの初めて。でもこれができるようになったら、むちゃくちゃ楽しいと思う。チャンスをくれた滝沢くんの期待に応えたいですね。」*7


初日を迎えるまでに発売された雑誌での林くんの言葉。そして滝様からの言葉。
パズルのピースを拾ってははめて、全体像に夢を膨らますようなそんな楽しさがあった。
今回の歌舞伎出演にあたり、こういった言葉を聞けたことも嬉しかったなあって。
雑誌の表紙に「林翔太」って名前が載ったことも。






2016年1月19日。
「滝沢歌舞伎2016」の制作発表があった日。

その日のblogを読み返してみたらこんなことを書いていました。



林くんのいちファンとしては、They武道を代表して歌舞伎に林くんが出るんだと捉えると頼もしくもあります。
林くんが一人でTheyの名前を背負うことって今までなかったよね?
心配はしてない。凛と咲ける人だと思うから。
ただ、その頑張りというか、真摯な姿勢や向上心をちゃんとパフォーマンスから汲み取りたいなと思う。

林くんにとっても、挑戦の春。
全力で挑む林くんを、しっかりと目に焼きつけようと思います。

この春を経て、ひと回りもふた回りも成長した林くんの姿を楽しみにしてるね。



林くんにとって初めてThey武道からたった一人で挑むこととなったこの春。
「心配はしてない」って言ったけど、ごめん嘘ついた、ほんとは心配だったよ。
パフォーマンスに対してではなく、林くん一人だけど大丈夫かな?って。それについてはもう本当に阿部くんありがとうに尽きる。阿部くんありがとうね。私にとってこの春の阿部くんはポカポカの陽だまりを生むお日さまみたいでした。

林くんの、自覚と誇りを胸にその存在感を知らしめ視線を惹きつける様は、想像や期待を遥かに超えて頼もしかった。
培った経験や日々の努力は糧となり支えとなってくれると教えてくれた。
期待されその期待に真っ直ぐに応えそれが自信へと繋がる時、人はこんなにも輝くのだ、ということも。
そんな林くんの姿を観ることができて、何よりも嬉しかった。


目立った見せ場をいただいていたおかげか、林くんを讃える声も連日のよう目にした日々だった。
嬉しいものですね。
でも、
そもそも滝沢歌舞伎に足を運ぶのは業界人や関係者を除いてほとんどがジャニーズファンだろうから、きっとこの称賛も同じ畑の別の畝の人に見つかったに過ぎないんだろうなということと、
これまでに築いてきた信頼があっての今年であって、ずっと頑張ってきて今がある。私の知らないときだって林くんはずーっと咲いていたということを忘れずにいたいと思う。
(すぐ浮かれて脳内にお花畑広がるから戒めも込めて。)



千穐楽の口上。
限られた持ち時間の中でおなじみの「感謝と謙虚」を口にしたという林くん。
そういうところがとっても好きだよ。
感謝と謙虚。
ふわふわと浮かれるような私たちファンをよそに、本人はちゃんと地に足をつけて前を見据えているのでしょう。

これから、だね。
その才を自覚し武器にして、もっともっと羽ばたいて欲しい。
そしてもっともっと、今まで見たこともない*8ようないろんな表情を見てみたい。
きっと見せてくれる。
そう思わせてくれたこの春の林くんなのでした。




さてと。それでは最後に。
皆さま。


これからの林翔太の歩みを、しかと見届けるが良い!


………なんてね(笑)

*1:健くんが出ることだけ明らかにされ「Jr.は誰が出るの!?」と騒つく中、出演Jr.の一部を真っ先に知らせたのが雑誌『WITH』の公式Twitterだったことは忘れもしない。『WITH』の中の人に絶対すの担いるやろ、と。ほどなくして情報メールが届き、詳細を知ることとなる

*2:出来る場合もあるのだろうとは思う。例えば昨年の歌舞伎に亮太くんが出演したこととかは多分きっとそう。わからないけどね?

*3:詳細は後述します

*4:『STAGE navi vol.6』

*5:『STAGE SQUARE vol.19』

*6:『女性セブン 3月17日号』

*7:『TV fan 2016 5月号』

*8:ってすぐこうやって何気ないところでお化けの林くん召喚して一人楽しむのやめたい