読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

.milk and honey.

見えないちからや偶然をもっと信じていいよね

【滝沢歌舞伎2016】二幕 第三場 「鼠小僧、見参」

林翔太 滝沢歌舞伎 レポ

前回まで
◉一幕
【滝沢歌舞伎2016】一幕OP-「浮世艶姿桜」 - .milk and honey.
【滝沢歌舞伎2016】一幕「滝沢一座」-「蝶の戦い」 - .milk and honey.


◉二幕
【滝沢歌舞伎2016】二幕 配役・第一場「鼠小僧次郎吉、登場!」 - .milk and honey.
【滝沢歌舞伎2016】二幕 第二場 「お丸の団子屋」 - .milk and honey.


第三場 鼠小僧、見参

バカ殿大蔵金之助(佐久間)の独擅場。
金之助は髷のかんざしが鯉のぼりになっていて、首からお守りを下げていてアホかわいい。
佐久間くんが本当にハマり役で、コミカルなお芝居がかわいくて楽しかった。


金之助お殿様がかわいかったから思い出せる限り文字に起こす。



金之助「怖いよ〜怖いよ〜。はわわっ!!なんだぁビックリしたぁお客さんか。みんな綺麗だからビックリしちゃった!
は〜怖いよ〜誰か来てよぉ……」

「鼠だ!」「鼠が来たぞ!」とドタドタっと家来が足早に通り過ぎるのをアワワ、アワワワと避ける金之助。

金之助「もうっ!!廊下は走らないでよ!!!習わなかったの〜?学校とかで!!
は〜鼠小僧に小判を取られたくないよぉ……」

犬が鳴く。

金之助「わぁっ!も〜〜なんでこんな時間に犬が鳴いてんだよぉっ! ビックリさせないでよ〜、
もーお、背が縮むじゃないっ!!!」(ダンッ!と地団太踏む金之助)


もう縮んでるよ!って心の中で突っ込む場面。
とにかくビビりな金之助。

家来の石垣くん森継くんが登場。

森継「いつ鼠小僧が現れるかも知れない、いいか!見つけ次第斬り殺せー!」

森継くんの貴重なセリフでした。


金之助「あぁあぁあぁダメだっ!斬り殺すのはダメだっ!!!
なんてったって僕は………
血に弱いんだぁ〜…。
はぁあぁ、見てっ!!鳥肌が立ってる!!(腕をつきだして)
小判を取られたくない、命も取られたくない、こんな惨めな姿を父上に見られたくもなぁ〜い><」

石垣「いいですか?殿。
鼠小僧がこっちからスッて現れたらあっちにスッて身をお隠しください。
鼠小僧があっちからヌーーッて来たらこっちにヌーーーッとお逃げください。
いいですねっ!??」

ここの石垣くんが大泉洋。ここもアドリブが効いてて、ヌーッがヤッホー!(ミッキー)になったり。
ここで家来捌ける。

金之助「ちょっと何言ってるか本気で分かんなかったよ…。
はーぁ、私の短い人生も、終わったか……><
この世に生まれて22年!
まだなんにも体験してないのに、早くもこの世を去るなんて……
いいだろう。この手に両手いっぱいの悲劇を抱えて、この世を旅立とう…。
さようなら、父上。お元気で〜〜母上〜〜。゚(゚´Д`゚)゚。」

天を仰ぐように片手をあげてうずくまる金之助を上を、家来たちが「殿ー!!!」とドタドターー!っと踏んでゆく。グエッグエッてなる金之助お殿様が踏みつけられたカエルのよう(笑)
後半にはこの家来のドタドタに鼠小僧とお丸ちゃんも混ざってて笑った(笑)
お丸ちゃんが鼠をおんぶして、金之助の上で前向いて決めポーズ☆とかしてるの本当お前らwwすぎた(笑)
金之助も、「なんか今日人が多かった気がするな」とアドリブで対応。


金之助「は〜怖いよ〜……」

ってやってたら小判の入ってる壺を倒してしまい中から小判がこぼれる。


金之助「あああっ!どうしよっ、倒しちゃった。誰かっ!誰か来て!誰か一緒に拾って!
誰か拾って〜〜〜〜><小判と、このかわいそうな私自身を〜〜誰かぁぁ〜〜〜><」

鼠小僧現る。

鼠小僧「おっと、どうしたんでしょう?これは大変だ!」
金之助「あ、はいそうなんです大変なんです」
鼠小僧「小判の数はこれで全部で?」
金之助「いやまさかぁ!これは見せ金で、千両箱は鼠小僧に取られないようにちゃんとっ……ここに隠しているんです……っと。」(屏風の裏から千両箱を持ってくる)
金之助「ほらね?あるでしょ??」

鼠小僧「こんなところに置いてちゃ、すぐ持ってかれちゃいますよ!」
金之助「えっ??そうなの??え、じゃあどうすれば……ねえ!どうしたらいい??教えて??」

鼠小僧「いい考えがありやす。この千両箱は、この私が預かりましょう!」

金之助「…………………Wonderful!!!!(この間!)
なんて素晴らしい考えなんだ!!そんな手があったなんて!!!是非お願いします!!」

鼠小僧「こいつバカだな(小声で)」

金之助「えっ??なんてっ???」

鼠小僧「あ、いえ。これで江戸の人たちも喜ぶでしょう。」

金之助「え??こんなことで喜んじゃうの??単純なんだなぁ〜〜江戸の人たちって☆☆」

お前がな!と心の中でツッコむ場面。

鼠小僧「じゃあ、あっしはこれで。」
金之助「どこのどなたか存じあげませぬが、本当に!ありがとう〜〜!!!(大きく手を振る)

………………あっ!!ちょぉっと待った!!!(低い声で何かを悟ったかのように)

それならこの壺も持ってっちゃってよ!(明るくアホな声で)」

ここの佐久間くんの声の切り替えと間!!きっとどういう間合いと声がベストか考えたんだろうな〜と。すごくよかった。


鼠小僧「いや、これは……」
金之助「そんなこと言わないでよ〜!これは父上からもらった大切な壺なんだ!」
鼠小僧「じゃあ。」

と言って千両箱と壺を持って去る鼠小僧。

金之助「はぁ〜よかったぁ……」

ドンガラガッシャーンと壺が割れる音。

金之助「へえっ???今割った???今割ったよね???」

音を聞きつけて石垣森継が駆けつける。

石垣「殿!!千両箱は???」
金之助「ああ、それならさっきとっても親切な人に預かってもらった!これで安泰じゃ!」(満足気)


石垣「どんな人でした??」

金之助「かっこよかったぞぉ〜〜!!!
こう、全身真っ黒で!」

石垣・森継(石継)「「全身真っ黒で……??」」チーンのSE

金之助「こう、顔を隠してて」

石継「「顔を隠してて……??」」チーン

金之助「これで江戸の人たちもきっと喜ぶ!!ってぇ〜〜………
はれえ????
ねず、み………こ、ぞ、う???

はぁあぁあぁ僕ったらなんてことを!!
自然な演技だったから全っっっ然気づかなかった!!
も〜うバカバカバカ!!!金之助のバカ〜〜〜〜><」(頭を両手でポカポカなぐる)


石継「「とぉ〜のぉ〜〜………」」


(花道のすっぽんから後藤犬登場)

後藤犬「わぉーーーーん!!」

花道を四つ足で駆け抜ける犬。

これにて第三場終了。

5/4夜にはこの登場時せりあがる時に尻尾が挟まって抜けなくなるハプニングも!(笑)
後藤犬「わぉーーー……わぉ…わ……わわわわわわ〜(抜けないよ〜)!
(一旦せりがまた下がるw)
うぉ〜〜ん><!」
無事尻尾を救出しイソイソと捌けてく後藤犬。
尻尾ズタボロになっててめっちゃわろた。
なんてこともありました。

翌日には尻尾生え変わったようで、むしろ前より張りがあるのもまた笑った。後藤犬、新しい尻尾よ〜!つって。

そんなハプニングもありつつの第三場でございました。