読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

.milk and honey.

見えないちからや偶然をもっと信じていいよね

クリエで聴きたい曲を考える

とうとう林くんがジャニワの観劇に来ないまま、千穐楽を迎えたみたいです。
JETでDOするLIFEを過ごした出演者の皆様、スタッフの皆様、ご関係者様、
内容への理解を早い段階で諦めつつ通い続けたファンの皆様、
千穐楽おめでとうございます。

林くん来なかったね〜。
今年は帝劇で迷子にならないね、ドリボでお世話になったもんね!
あ〜でも出るのと観るのじゃ勝手が違うか〜
なんていう心配は杞憂だったみたい。
忙しかったのかな?
ボイトレとかしてるのかなあ。春が楽しみだなあ。


さて、そんな春を楽しみに待つしかない冬真っ只中。
もうすぐ歌舞伎のBlu-rayが出るので、
それを穴があくほど観て春までしのぐつもりなんだけども。

現場のない冬に何をするかって、
クリエで何歌うか考えるしかないでしょう?
と思いまして。
クリエの括りが発表されるまでのこの時期しか純粋に楽しめないもんきっと。
申込みに頭を抱える前に。


とか言いつつ、
前提として私ほんとにジャニーズってほとんど嵐しか聴いたことないんだなーということに改めて気づかされる。
キンキもちょろっと聴く程度。
それ以外は最近は洋楽を歌詞の意味もわからず聴き流してることが多くて。
ジャニーズの曲をあまり知らない。
ダメじゃん選べないじゃん!


そんな感じでそもそもの選択肢が少ないながらも、
これ見たい聴きたい!が浮かんだ時に随時更新してみようか、という日記。
前置きの長さ。




「シャララタンバリン」(加藤シゲアキ先生)

江田くんのソロにシャララタンバリンを推したい。
DIAMONDツアーの江田くんがとっっても!かわいいので!!!
シャララーラララー歌をーうたおー♪
余談だけどこのNEWSのDIAMONDツアー、「銀座ラプソディ」も大好きです。
林くんの体の線が今より細くて、繊細なガラス細工のようなの。儚くて美しい。

「シャララタンバリン」の歌詞も江田くんぽい。

後ろでりょたしょたもタンバリンシャララしよう!
やまもとりょうたくん(26)がタンバリン叩く姿はお遊戯会になること必至。
ホストクラブにはならないように、そこは衣装を工夫してくださいねよろしくお願いします。
林くんも手首柔らかいから多分タンバリン向いてるよ!ねッ!超タンバリン向き!ねッ!(向き不向きとは)

江田くんのファン的には今年はセクシー系の方が観たいのかな?


「All my love」(大野智)

2002年、「Here we go!」ツアーで披露された大野くんソロのラブバラード。未音源化楽曲。
大野くんソロ史上珠玉のバラードだと個人的に思っている一曲。
歌詞があんんんまいの。甘い。
全編通して甘い。
「もっと君と感じあって
寂しい日も信じ合って
世界に一つしかない恋を抱きしめよう」

「どんな激しい雨だって
僕が君の傘になろう
愛してるよ
all my love for you」

なんて林くんに歌われた日には溶けてなくなってしまいそうだ。溶けてなくなってしまいたい。溶けてなくならせていただきたい。

持ち歌ならともかく、過去の曲で曲そのものがCDになってないものは選べないし選ばないことは分かってるよ。
それでも聴きたいんだもん。
なんならそれだったら今から本家をCDにして頂きたい勢い。無茶言う。14年前のソロ突然掘り返されたら大野くんファンもびっくりしちゃう。

「朝日がゆっくり差し込んだ部屋で
君の寝顔を見ながら僕は心に誓った」

っていう歌い出しからたまらない。
しかも、何を心に誓ったかって「君を守ること」なんだよ。フゥ〜〜〜〜!

なんじゃそれ?という方は、某ようつべに多分音あるので(あってはならないものだけど☆)、
聴いてみて林くんに変換してみてほしい。きっと一度死んでまた生き返る。


「dice」(大野智)

2006年の3104コン(大野くんソロコン)で披露された未音源化楽曲。
散々、未音源化楽曲は無理なの分かってるとか言いながらのまた未音源化を選ぶ懲りなさ。

こちらはジャズナンバー。
ジャズダンスをがっつり踊る林くんを観てみたい。

そんでもって、「dice」を歌い踊る林くんを見た偉い人が、
「おっ!?これは!?林にミュージカルをやらせてみたらどうだろうか?」
ってなるところまでワンセットでお願いしますね。ダッダッダラスダー♪

林くんは自分の武器は歌だと仰せで、実際そうなんだけどファンとしてはそのダンスも観たいんだよ。
フリーダンスっぽい部分の林くんのダンス大好きなんだもん。
は〜贅沢な悩み!


「Walking in the rain」(嵐)

嵐の3rdアルバム「How's it going?」より。

「たたんだ傘なんて捨てちまおう」のパートは亮太くんで。

They武道はジャズが似合うというイメージを勝手に抱いています。

「新しい景色も受け入れていこう」
っていう歌詞林くん好きそうだしダメかな?
林くんどう?「Walking in the rain」やろう?
Theyクリエはコンセプトに基いていたり、
歌詞の言葉のチカラを大切にしているから選曲難しいな〜〜迷うな〜〜!(※出ない)

「ONLYLOVE」(嵐)

嵐の3rdアルバム「How's it going?」より。
「お〜もぉいは〜永遠にぃ〜〜ダラッダ〜〜そらっさぁずぅ〜うぅ〜♪」
からの大野くんのフェイク部分を林くんの声で聴きたい。

「身長差のない恋人」(嵐)

嵐の3rdアルバム「How's it going?」より。
そろそろこいつHIG?*1好きすぎじゃね?ということがバレ始めた頃。

これこそ、
They武道のために書き下ろした曲だと思いませんか??

って言ったら、
「俺はちっちゃくねえ!」
って言う林くん召喚しちゃうね。
そうだね林くんは小さくないもんね、うんうん( ◜◡◝ )
林くんと身長といえば、
ほんとに170cmあるのか?ないだろう?と北山くんか誰かに言われて、
髪をクシュクシュ盛り盛りフワフワさせて身長をやや盛りながら、
「ない…かも?」
と答えたという林くんめっっっちゃかわいくないですか!?
今年の春は大きい子たちばかりに囲まれて、俺はちっちゃくねえ芸ができないね。


「ゴメン スニーカーばかり履かせて♪」*2
「空までの距離にすれば同じさ love you for♪」
「just 宇宙の規模で見れば大きいも小さいも不要♪」

その方がかわいいかな?って雑誌で身長逆サバしようとした山本くんをはじめ、
They武道の皆さんに是非歌ってほしい一曲。


「JAM」(嵐)

嵐4thアルバム「いざっ、NOW」より。

「Walking in the rain」と同列で推したい曲。

4つ打ちのビートを刻む洒落た音に乗せて、
さて何回「いま」って言ったでしょうかっ?
っていう曲(絶対違う)。

They武道はセンスがいいから音が洒落てる曲を積極的に振り付けて欲しい。

やるってなったら、
2004年の元のやつでやるか、それとも2006年ARASHICのアレンジでやるかもまた迷うね?
ARASHICのJAMも最高に好き!
あ〜〜迷うな〜〜!!(※出ない)


「愛を叫べ」(嵐)

今年のクリエ課題曲はこれで決まりっ!!でしょう!?
あの、担当*3*4によって順番が違うの?を私も楽しみたい!
その話聞いて、「え、そうなん??順番があるの?」ってなったんだもん。
何故なら林くんしか観ていなかったから。ごめんなさい、でも仕方ない。反省はしていない。
同じ理由でたまにセンターがどこかも見失う。林くんは真ん中!って言って全然違ったことある。

クリエでニコニコキラキラ「愛を叫べ」歌い踊るThey観てさー、幸せになってくれなきゃ困るぜベイベー!って言いたいのはこっちの方だぜ!!!ってなりたい。

まあ愛を叫べはやるでしょうな。

「ユメニカケル」(嵐)

JALの曲なので、
「空」とか「虹」とか「飛び立つ」っていうフレーズがTheyエアラインにぴったりな曲。
これもうちょっとリリース早かったらクリエでやってたかな?ピッタリじゃない?
楽曲大賞でも嵐担内の人気高かったみたいでビックリした。宮城効果かな。

アンコール2曲目くらいでやって欲しい。

その他嵐の曲でやって欲しいもの

君だけを想ってる
I want somebody
Ready to fly
ROCK YOU

「MOLA」(山下智久)

ピー山さんのソロ。
これもDIAMONDツアー?あと少クラでも披露してるね。
MOLAのThey武道がかっこよくて大好きだから今のTheyで観てみたい。

KinKiの曲でやって欲しいものたち

ハルカナウタ
ひらひら
99%LIBERTY
Bonnie Butterfly
月光


滝つもDVD持ってるから見返してみよーっと。
KAT-TUNもいい曲多いイメージあるしかっこいいver.のTheyに似合う曲たくさんありそう。

今日はこのへんにしといて、思いついたらまた書きます♪

*1:嵐の3rdアルバム「How's it going?」

*2:実際のThey武道はピンヒール履いた女の子が好きそうとかそういうのは置いといて

*3:って言い方俺好きじゃないんだけどby櫻井くん

*4: 個人的に櫻井くんのそういうこだわり、それでこそサクショウパイセン!!ってなる。好き