.milk and honey.

見えないちからや偶然をもっと信じていいよね

あの林を怒らせるなんて相当だぞ

They武道が巻末特集で掲載されている『Dance SQUARE vol.11』(日之出出版)が、
林翔太くんの入所日1月21日(木)に発売されました!
イエーーイドンガラガッシャーーン!!(©亮太くん)

ふぉ〜ゆ〜がひょ〜し〜(※表紙)です。


「ダンスクで〜〜すっ!」
って号外のように配りたい。They武道のページに付箋つけて。

何と言っても林くんの写真写りがとっても良い!!ありがとうございます!
カメラマンさんMK(まじ感謝)!!

写真についてはかっこいいかわいいbotになっちゃうので割愛。
林くんのお顔とスタイルが好きだと再再再………×∞確認したことだけ書いておきます。
お顔が本っっ当にかわいいな林くんは!


以下、内容についての感想。

Theyたく会

説明しよう!Theyたく会とは、特に贅沢をするわけではないが、とりあえず3人で集まってご飯を食べて、話し合いをしよう!という会なのである。

林「お店選びにすごく悩んで、渋谷を30分ぐらい歩き続けたことがあったよね。」
江田「食べ物よりまず話せることが大事。」
山本「どこでもOK。バーガーショップでも。」

どこにするー?って悩みながら3人で渋谷を練り歩くThey武道
いかついネックレスとかウォレットチェーンとかつけてる、ジャラつきつつバッグジャニ持ちの3人組が、何をしてるかって自ら「Theyたく会」って名づけた話し合いをするためにお店探してるんだよ。
かわいくない?
そして亮太くんはきっと「どこでもOK!マックでも!」って言った。きっと言った。


★今年はどこかへ出かけたいThey武道

林「江田ちゃんの運転で!」
運転したがらない林くん(笑)

理由を問われて、

林「俺の助手席に乗るのは大野くんだから、ごめんね。」

ごめんね、じゃねーよ!(笑)
ってなったのは私だけではないはず。
大野くんも免許持ってないから自分も免許取らないって言ってた林くんが、
運転免許(AT限定)を取得し世間をザワつかせて一年以上が経ちますが、
「俺の助手席に乗るのは大野くんだから」
発言に、どっちにしろ大野くんじゃん、さすがっすね!ってなりました。

更に、
「じゃあ俺ら(えだりょ)は後ろに座るよ。」

って言われて林くん、

林「いや、車はふたり乗りだから。」

ふたり乗りなんだ!??2シーターなの?
ちょっと詳しく聞かせて欲しい。
林くん何乗ってるんだろうな〜。

一回断られたら次を誘いにくいと話す山本くん、
江田くんは「お互い休みが分かってるから、反対に誘いにくいんだよね。」と。
この感じすごく「こう見えて全員A型、They武道です」って感じする。
春からは林くんとえだりょ別々になっちゃうね。都合つけてTheyたく会してね。


話を遠足に戻して、

山本「京都に桜見に行く?」
フットワークがやたらと軽い山本くん。

林「テーマパークは?」
ディズニーは?って言った?(笑)

そこで発生する、奇数だとアトラクションでひとり余る問題。

林「大丈夫、江田ちゃんがひとりで乗るから。」

ほんとさー林くんて江田くんにそういうとこある。江田くんいつもありがとうございます。

林「じゃー、高尾山登る?」

チョイスが現実的(笑)まずは高尾山から攻めて、どんどん大きい山3人で越えてこうね。ってなんの話。
フォレストアドベンチャーは?あれ結構楽しいよ。


2015年を振り返る

初耳なこと、印象的な発言をピックアップ。

PLAYZONE

「出逢えるまで」
江田「大野くんが観に来てくれて、「めっちゃカッコ良かった」って褒めてくれてうれしかった。」

ほんと大野くん来てくれてよかったね( ; ; )

ジャズダンスに苦戦したという江田くん。

江田「翔ちゃん(林)はロープ経験者だからズルいよお(笑)」*1

ってかわいい。ズルいよお、って。

地下楽屋のフロアの話や、シャワーの順番の話、
聞いたことある話も多かったけれど、ポンポンとエピソードが飛び交う様子からプレゾンほんとに楽しかったんだな〜っていうのが伝わってきて、なんで青劇壊してしまうん……って哀しい気持ちに。
プレゾンまたやらないかな〜。

★クリエ

山本「嵐のみなさんに「They武道の公演がいちばん良かったって聞くよ」って言われて。ニノからは、「次は見に行くから」って自分から言ってくれたり。」
江田「ええっ!?その話聞いてない。ニノに褒められるってすごくない?普段あまり褒めないじゃん。」
林「大野くんにも言われたよ。」

みんなー、にのちゃんがTheyクリエに来てくれるんだって〜〜!!!(大声)
本当かなあ??
それにしても、あの大野くんが来てくれたんだもんね、それがまず超すごいから、誰が来てくれても驚かない気もしている。

They武道の公演がいちばん良かったって聞くよ。」
という嵐兄様談はどこからの評判なのでしょうか?事務所内評価?風の噂?
なんにせよそう言ってもらえるなんてありがたい。3人が時間をかけて作り上げたものやその取り組みを、ちゃんと見ていてくれる先輩がいるって嬉しいね。


・その他目に留まった発言
林「江田ちゃんのファン、びっくりしただろうな。」

関西弁だと毒舌気味になる江田くん、という話からのこの発言。
この林くんの言葉が温かくて、好きだなあと思いました。


山本「翔ちゃんの人生で“大野くん”は絶対だからね。」

と、メンバーに言われるほど大野担な林くん。


林「アカペラは正直怖さがあったんだけど、お客さんがじっくり聴いてくれて、感動した。」

ファンとの信頼関係っていうのはこういう場面の積み重ねで築かれていくんだろうな〜と。


林「じゃ来年は、バンドでお願いします(笑)」

江田くんの頑張りについてもうちょっと掘り下げて聞いてあげて、お願いだから(笑)知らんけど、ほんとはもっと話してたけど編集でこうなったのかもしれないけど。
そういえば林くんもギターとピアノ練習してるって前話してたよね。いつか披露してくれるといいなあ。

あと、「sakura」を本家より先に披露した件については、Theyも思ってたんだね(笑)


★歌舞伎シンガポール

えだりょはエスニックが苦手_φ(・_・

山本「江田ちゃんは何食べてたの?」
江田「食べてない。」

食べてなかったの!?初日はお弁当が和風だったから食べられたけど、それからは食べてない、と。
渡辺くんがごはん食べてない話は耳にしてたけど、江田くんもそうだったのね。
海外はごはんが大変だ。

かたや林くん、

山本「翔ちゃん、「何でもうまい!」って言うじゃん。世界中どこへ行っても大丈夫だよ(笑)」

何でもうまい!って言う林くん好きしかない!!
そこも大野くんと似たの?(笑)
何でもうまい!って言う林くん、好きをこじらせる一方だ。
ところで、タマネギ苦手なのに何でも「うまい!」って言うの?っていう疑問についてはどうしたらいい?
苦手な食材はあるけど、苦手な味付けはない、みたいな?
知れば知るほど謎が深まる林くん。

★DREAMBOYS

江田「振付師さんからも、「このメンツ懐かしいなあ」って言われたし。」

林「宮田に勝手におごってもらったりした(笑)」

少クラブログで安井くんがお写真出してくれたしなの路のことか。林くんがピケのガウン着てたあれ。

山本「めちゃ楽しかった。キスマイで良かった。」

この発言すんごい亮太くんらしいなーと思って。
昔一緒にやってたり、同年代なこともあって舞台についてこうしようっていう提案をしやすかった、みたいなことを別の雑誌で話していたような記憶がある。
私は正直、キスマイとの共演ってどうなんだろうどんな気持ちなんだろうって勝手に慮ってしまっていたりもしたから、
「めちゃ楽しかった!」の言葉になんだかホッとしました。

★目標は全国ツアー!

山本「目標は3人でツアーを回ること!」
林「大阪、調子はどうだ〜!って言いたい。」


こっちは準備できてっゾ!!!!

って感じですよ本当に。
偉い人聞いてますかー!?偉い人今それどころじゃないか。……。
でも、「夢よ急げ」なわけで。
Theyの、一貫して、
もっと大きいところでやりたい、できる自信はある、ツアーやりたい!
ってブレずに掲げてくれるところが好き。
ついていきます。
ある程度大きな会場で、映像も特効も照明も思い描いたものを駆使できる状況下でつくられたThey武道のLIVEを観てみたいよ。


2015年よかったところやダメ出し、懺悔

このページだけのためでも買う価値ある。
それくらい、初耳なことがたくさんなページでした。

林くん

★I change myself

「自分としては、これまで思ったこと、「ここをこうしたほうがいいよね」ということをメンバーにあまり言わなかったんですけど、積極的に言えるようになりました。将来のことを考えたら、色々直せばこのグループはもっと良くなるって見えてきたから。普通なら「お前に言われたくねーよ」ってなってもおかしくないのに、ふたりとも真面目で素直だから受け入れてくれたし、グループがすごく変わったと思う。『ジャニーズ銀座』も2年目をやらせてもらって、メンバーの絆が深まりました。」


積極的に意見を言えるようになった、と話す林くん。
その林くんの変化については、2人も同じように感じているようで。

亮太くん
「どうしたらThey武道のイメージが上がるか、グループとして欠けている部分は何かを積極的に考えて、言ってくれるようになった。副リーダーというか、参謀は翔太かな。」
「翔太はダメ出しするところがないのが逆にダメってことで、もっとメンバーを頼りなさい!」

江田くん
「しっかり者。
翔ちゃんの発想は、まず来てくれるお客さんを大事にすること。航空券を渡すことを思いついたのも翔ちゃん。
最近思うことを率直に言うようになったのは成長だと思う。」


2人も口を揃えてそう言うことからも、林くんの変化がどれだけ顕著だったかが伝わる。
「将来のことを考えたら、色々直せばこのグループはもっと良くなるって見えてきたから」
っていう言葉が嬉しいな〜と思った。前向き。日頃から、林くんは本当に前向きに毎日を積み重ねられる人だなあって感心することばかりだけど、グループの将来のことまで考えているなんて、嬉しいし頼もしい。

林くんが意見を言えるようになったのは、メンバーへの信頼やグループへの帰属意識の高まりからくるものだったりするのかな。


林くんに限らず、「こうしたほうがいいよ」ってお互いに言えて受け入れることができるのは、それぞれがグループのためを思って言ってるってことを3人とも分かってるからで、
そう思うとこれからのThey武道がもっともっと楽しみになりました。

それにしても、どうしたらThey武道のイメージが上がるかまで考えてる林くんに震える。
これからもそのイメージ戦略の手中で転がされていたい。


そんな林くんの自分へのダメ出しは、
江田ちゃんにいたずらを仕掛けすぎたこと。
嵐コンのトラメ登場時のことだね。
「やり過ぎたかなと反省しつつも、またやっちゃうだろうなあ(笑)」
だって。
多分林くんはそこの需要もわかってて言ってるだろうから、今後も期待してますね☆ということで。


★几帳面エピソード

江田くん
「翔ちゃんがいない時に、勝手に翔ちゃんのドライヤーとヘアアイロンを使いました。ごめんなさい。「ちょっとドライヤーの向きが違う…」って気付いてたみたいだけど…。」

ちょっとドライヤーの向きが違う、って気づく林くんの几帳面さほんと林くんぽくて笑う(笑)
プレゾンの楽屋訪問でも、林くんのメイク台ランチョンマットみたいなの敷いた上にお化粧水とか香水とか綺麗に整頓されてたもんね。
しかもそれを特定されたのが嫌だったのかなんなのか翌年の楽屋訪問はメイク台になにもなくてただ嵐コンのタオルが敷いてあるだけだった。カナシミ。
ジルのボディミルク使ってるなんて女子〜!とか思って、ごめんね?(手を2回降ろしながら ※マスカレードより)


★嵐組を仕切るThey武道、怒ると怖いのは…??

・振付師補佐 江田剛
嵐のコンリハで振付師さんのサポート役としてマイクを持って指示出しをしているという江田くん。
なにそれ新事実なんですけど!??
そっか江田くんが嵐組の最古株なのか。そりゃ嵐もアリーナにJr.つけるならThey欲しいよね、と納得。*2
マイク通して指示出しする江田くん見てみたい。

そんな江田くんについて、

林くん
「立ち位置の確認中にのんびり歩いて移動してる後輩がいると、マイクを使って「お前ら走れよ!」って。怖いよ〜(笑)」


しかし怖いのは江田くんだけではないようで。


・目で威圧、林翔太

林くん
「後輩に、「They武道は初めて会った時、怖かった」って言われることが多くて。しかも、意外に俺がいちばん怖いらしく。嵐のコンサートでは、気のゆるんでいたJr.を目で威圧していました。キャップのツバの下から(笑)。一度、後輩全員に怒ったこともあります。江田ちゃんは「ついに林がキレた!あの林を怒らせるなんて相当だぞ」って面白がっていましたけど、振り返るとちょっと言葉が悪かったかな…。'15で唯一怒った場面だったけど、やり過ぎたかも。」


キャップのツバの下から目で威圧する林くん想像できすぎて(笑)こわ〜〜
林くんからの視線に果たして後輩(トラジャ?ジュニボ?)は気づいていたのか。
キャップの下からだとほとんど視線ってよりオーラを察知しないと気づけなさそうだけども。
しかもそれをおもしろがる江田くん(笑)
ていうか、お互いこわ〜!って言い合うThey武道のお局感ハンパない。
優しそうな見た目な人ほど怒ると怖いのは世の常だね。
言葉が悪かったってなんて言ったんだろう。気になる。

春の歌舞伎の口上、
「こう見えて怒ると怖い!意外でもない!林翔太」
とかどう?
やめよう、やめとこっか。


★その人、ウザ絡み注意につき

江田くんから、
「後輩を使って俺をイジり過ぎ。」
とダメ出しされる林くん。
しめちゃんと宮近くんに「江田ちゃんって呼べよ」と呼ばせ、不穏な空気になったのだとか(笑)

「「コーティーって呼べ」って後輩にいきなり呼ばせて、幸大が「ああ(怒)?」って不機嫌になっちゃったことも……(笑)」


めんどくせーーー!(大の字)

しめちゃんも宮近くんも幸大くんもほんとごめん、ごめんね?(手を2回ry
幸大くんのそれ、全部聞こえてるんだよなんなんだよ?の「ああ(怒)?」かな。
林くんに構ってくれる皆さん、ほんとうにいつもありがとうございますという気持ち。


と、ここまで後半は林くんのことを中心に感想書いたけど、
他にも、
江田くんの前髪が長かったら「切ってあげよっか?」って亮太くんが切ってくれる、
というエピソードがあったり(だからたまに前髪めっちゃパッツンなの!?)、
(お着替えが苦手な)江田くんに亮太くんが衣装の着こなしを教えてくれる、
というエピソードもあり。
この「よかったところ・ダメ出し・懺悔」のページほんと読み応えありました。


最後に、このダンスクで一番胸に響いた江田くんの言葉を添えて締めます。

亮ちゃんも翔ちゃんも、江田剛を完成させてくれる存在。ふたりがいるから俺が俺でいられる。


They武道自身がThey武道のことを大切にしていること、
言葉の端々からそれが伝わるから、
They武道のことをもっともっと好きになった「Dance SQUARE vol.11」でした。

*1:林くんは同曲に2011年にも出ていたから

*2:今んとこ出るなんて誰もなにも言ってないけど