読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

.milk and honey.

見えないちからや偶然をもっと信じていいよね

醒めることない夢を

ダンスなんてやったことがなかったから、
ボックスの踏み方だけお母さんに教わって。*1


当時10歳の林くんが、ジャニーズ事務所のオーディションを受けた日。
昨年のTheyたくで林くんは入所日のことを、
「人生を変えた記念日」
だと話していました。*2

そんな日に神様と崇める大野くんがPLAYZONEの観劇にいらして、林くんはそれはそれは嬉しそうに冬の青劇に満開の笑顔を咲かせていたという日*3から丸一年が経つね。

「人生を変えた記念日」
という言葉を受けて、
そうだよねぇ、記念日、おめでたい日なんだよね、
って心に沁みわたるように嬉しく思ったことを思い出しています。


2015年は嵐ツアーにおいて「継承」という言葉がよく語られていたこともあり、
嵐のツアーにずっとついてきた嵐組が積み重ねてきた日々や、培ってきたものの重みや尊さを改めて感じた年でした。
舞台でもコンサートでも、観るたびに進化する林くんのパフォーマンスに、その姿勢に、更に惹き込まれた年でもありました。ダンスのキレ具合にその日のテンションを読み取ろうとしたりも(笑)


ここ最近なにかとざわついている最中ではありますが*4

林くんのファンとして入所日にあたり想うことは、

林くんのパフォーマンスが好きで、これからも観ていたいということ。
いつ何時も林くんが思い描く未来の実現を願ってやまないということ。
林くんがステージに立ち続ける限り、そこに居ることを選び続けてくれる限り*5、その活躍を見守りたいと思っていること。
そして何より、林くん自身が幸せであることを願ってる。


ジャニーズ事務所入所15周年。
1月21日をこうして迎えることができて、嬉しいです。嬉しい。

林翔太くん、「続ける」という道を選び続けてきてくれて本当にありがとう。
ワクワクとキラキラとたくさんのハッピーを届けてくれてありがとう。
16年目も、その歌とダンスとお芝居に更に磨きをかけてたくさんの人を魅了してください。


ユメニカケル、夢に賭ける、そして夢に翔ける、
16年目となりますよう願っています。

*1:ダンススクエア vol.3 (HINODE MOOK65)より

*2:2015年2がつ5か更新分

*3:私自身は観れていない

*4:それについてはただ静観しています。双方にそれぞれのシナリオや思惑があるんだろうと思いつつ。まぁ、私はこれからも観たいものにお金を払うのみなので

*5:続けるも辞めるも本人の意思によるものだと思うから