読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

.milk and honey.

見えないちからや偶然をもっと信じていいよね

春を待ちわびて

林翔太 滝沢歌舞伎

『滝沢歌舞伎2016』の出演者及び日程が発表となりました!

林翔太くん、今年も御出演おめでとうございます!!!
驚いたことに、今年はV6から三宅健くんも御出演とのこと。びっっっくり!
林くんの入所したキッカケ、

「お母さんと弟とカミセンのコンサートを観て、感動したから。」

なのだそう。
入所初期の雑誌を見ると、憧れの先輩に健くんの名前を挙げていたりも。
そんな、ジャニーズ人生を歩むキッカケとなった健くんとの共演、どんな林くんの姿が観られるのかとっても楽しみ。


そして、もう一つ衝撃が走ったのは、
They武道からの出演が林くんのみであること。驚いた。
個人的には、驚いたけど、悲観的にはなってない。なってもしょうがない。出されたものを美味しく戴くのみ。(って言ってられるのも、私が林担で、林くんが歌舞伎にでるからなのでしょうか)
というよりも純粋に嬉しいよ、林くんが出てくれて。本当に嬉しい。
もうすぐ歌舞伎観れる〜今日も林くん観れる〜って思いながら春の銀座を歩ける喜び。


今年の春は、歌舞伎に加えて嵐のアリーナツアーがあり、そして昨年同様NEWSもツアーをやるってことで、
「TheyコタMADEはどうなるの?分身するしか考えられなくない?」
「嵐のSHOW*1ってJapoの延長でしょ?新しい内容ならまだしもJapoの延長にJr.つけないってある?ほかのJr.が出るならTheyが出ないのやだ!にしても倍率………いっそ外部にして……」
「歌舞伎にTheyコタMADEいないのも、嵐にTheyコタMADEいないのも考えたくない〜〜」
って、私に決定権なんてないのにぐるんぐるん悩んだりしてました。
歌舞伎にえだはやは必須だろう?とも。



亮太くんが戻ってきて、3人揃っての出演となった昨年の歌舞伎。「一座」の愛らしさとか、「いつか」の強そうな感じとか、3人揃うことでユニットとしての魅力は最大限に発揮されるんだなあって観ていて感じたの。
特に昨年の春は「3人揃って」ということを亮太くんはじめThey武道自身が大切にしていたのもあるんだろうと思う。
ユニットとしての結束力の高まりを感じた春だった。

それが今年、林くんだけだなんてね?
林くんは鼠に出るから歌舞伎に居ないなんてことはあり得ないと思ってはいた。
にしても。
まぁ3人で出るに越したことはないけど、しょうがないっちゃしょうがないか〜〜。
「人気者だなぁ☆(by林くん)」*2ってことでしょう?滝様も潤くんもThey使いたいってことだよね?
それにしても、歌舞伎じゃない組のファンの心労を思うと……。
チケットの諸々を含めて、心穏やかに迎えられる唯一の季節が歌舞伎の春だと思っていたからな〜。
そっかー嵐に林くんいないのか〜……しゅん。
いや、もしかすると歌舞伎終わり合流の可能性もないとは言い切れない?なにそれこわい。


林くんのいちファンとしては、They武道を代表して歌舞伎に林くんが出るんだと捉えると頼もしくもあります。
林くんが一人でTheyの名前を背負うことって今までなかったよね?(って言っても歌舞伎2016、名前の後ろにThey武道の表記ないけどネ……涙)
心配はしてない。凛と咲ける人だ(と思う)から。
ただ、その頑張りというか、真摯な姿勢や向上心をちゃんとパフォーマンスから汲み取りたいなと思う。

林くんにとっても、挑戦の春。
全力で挑む林くんを、しっかりと目に焼きつけようと思います。


この春を経て、ひと回りもふた回りも成長した林くんの姿を楽しみにしてるね。


あ、腹筋は、成長しなくて大丈夫です(笑)

*1:ショーダブリュ先輩のことではない

*2:J-webのvoiceより