読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

.milk and honey.

見えないちからや偶然をもっと信じていいよね

美しい時代を今駆け抜けて

Japonismの話をしにきました。
林くんの話、たまに櫻井くんの話、そしてたまにその他。
観たもの感じたことの記録。



1.sakura

イントロで気合いを入れるようにパン!と手拍子する櫻井くん。かっこいい。
初日、櫻井くんのフェイスラインがあまりにもシュッとしていて。
やっぱり櫻井くんイケメンだなーと思いつつも、
この日のためにシュッとさせてきたのかわいい!コンサートのためにお顔シュッとさせる気合いかわいい!!
と、なんかもうその気合いが愛しいという境地に。
しかもその会場3日目とかになるとやや曖昧になるフェイスライン氏。
昨日の晩お酒飲んだ?ごはんおいしかった?よかったねぇ。
ってね、なりました。
ごはんがおいしいのはいいことだ。

sakuraはTheyの振付がすごく好きで。
優しさで結ぶの。
嵐を観ながら、あ~Theyのsakura観たいな~と思いながら。


2.miyabi-night

メインステ中央奥からスススッと出てくる林くん。
初日、いるーーーっ!!ってなった喜びを忘れない。

Cメロ?Bメロ?サビ前の、
「はらはら散りぬるを奏でよ」
で後ろにさがる時は上げたほうの足のつま先を上に向けてさがる。つま先がかわいい。

「蕾が育ち咲く頃には」
はかかとを上げつま先を立ててスーッと前へ進む。つま先が綺麗。

サビ前
「遥か遠く」
直前のタイミングでパッと両手の赤布を開く!
目に飛び込んでくる赤が鮮やか!
赤が印象的だったなーJaponism。

林くんが赤布を操る様子に思わず、
「いにしえ……!!( ; ; )」と歌舞伎懐古スイッチが入る。

「きっと永遠じゃないから~眩しく輝いた~」
って口ずさみながら踊る林くんの姿、胸に迫るものがあった。
林くん口ずさんでるーって思って後ろに目をやると、大河くんは更におっきくお口開けて歌ってた。

「タリラリラー」
で足でリズム刻む林くんも妙に好きだったな~。
妙に、というのは、足でリズムとる姿だけでもなんでこんなにかっこよくて好きなんだろ?っていう意味で。

途中で赤布を再び手の中におさめる場面、林くんほんと収納上手!
次の瞬間もう赤布しまってた!ってくらいちょっとの間に綺麗に手の中にしまうの。


3.ワイルドハットアート

ワイハに入るinter部分、
タンタンツタタン、タン!
でポーズとる、
タンタンツタタン、タッタッタッ!いよっ!
からの両足を交互にパカラッパカラッってするところ、
林くんとコタくんの太ももの体格差!
コタくんのステップ、「~大地を踏みしめて~」ってサブタイトルつけたくなる。
林くんはスタイリッシュ。


ワイハにて櫻井くん、
「そう~(タカタカ!)暗や~(タカタカ!)」
っていつものリズム刻みをやっている時とやっていない時と、私が観ていない時があった。
観ていない時はジュニボを観たりも。
福岡でね、MCでJr.の名前たくさん出たの。それで、ジュニボも覚えようって思って覚えてから東京に挑んだから、
わかる!わかるぞ…!
って進研ゼミ気分に。
嵐がバクステに行くからメインステ前の人もほとんどバクステ側観てて、そんな中でもシャカリキに踊るJr.に、
頑張れ!観てる人もいるよ!ここに!
って心の中でエールを送りました。


4.Troublemaker

汽車ぽっぽ登場のかわいさ!!
江田くんの脇腹をくすぐる、というより揉む林くん(笑)
それに腰をよじり抵抗する江田くん。
福岡で、林くんが遅れたのか江田くんが早かったのか、追いつくために江田くんのシャツを手で引っ張る林くんを見たんだけど、
行っちゃダメな方向に行こうとするわんこのリードを引っ張るみたいに、雑にシャツ引っ張ってて笑った(笑)
もっと江田くんを大事にして!(笑)

トラメはお尻アングルで見ることが多く、揺れるお尻のかわいさを楽しむ。


「輝きを秘めたハートビート」
で立ち位置入れ替わるとき、前を行く大河くんのお尻を両手でリズミカルにポンポンする林くん。
「継承」がテーマなJaponism、
曲中にやたらお尻をさわるところまで嵐から嵐組へとしっかり継承されています。
そのあとのハイタッチの笑顔もちょう輝いてた!かわいい!ほんとにこんな(≧∇≦)顔してた。


アウトロは林くんの足捌きの軽やかさに驚く。
トラメってこんな振付だったっけ?
と思うこの感覚、
LOVEで大野くんが踊るStep~を観たときの感覚と似ていた。
開いていた片足を閉じるときとかにフワッと跳ぶ林くんが好きで。
(振付によっては、スーッとつま先で床をなぞりながら閉じるときもあるんだけど)
トラメのアウトロでもフワッと跳んでて、好き!!ってなりました。


5.青空の下、キミの隣

どうしよう林くんが天使なのバレちゃう!!だって見て!浮いてるもん!!!
それくらい足捌きが軽やか。


「曇り空のように」
かな?青キミところどころ林くんと大河くんの顔がめっちゃ近い瞬間があって、
本人たちもワッ!て顔近づけて楽しんでてかわいかった。
今林くんのお顔絶対かわいいじゃん林くんアングルください><
と思いながら楽しそうな林くんの後頭部を観ていた。

Bメロの身体バラバラになりそうなダンス、林くんの肩と手首の柔らかさが好きだったなぁ。
肩甲骨の躍動感とステップ。

「答えなんてみんみん見えないや」
のところ、江田くんと顔見合わせる林くん1回も観えなかった~。
ツアー前半立ち位置変わるまでは、大河くんと顔見合わせてたんだよね。グイッと。
「おおっおお♪」
からどんどん気分盛り上げていくように林くん大河くん2人で音にノるのが楽しそうで。

サビ終盤あたりかな?
キュイっと素早く、伏し目でターンする林くん。好きしかない。
ほんっっと、好きしかなかった。

青キミの林くん、ほんと辛うじて地上に居るように見えるくらい、今にも飛べそうなくらい軽やかで大好きでした。


挨拶

6.make a wish

櫻葉がかわいい曲。

「ほーら!」
で花道を直角に曲がる櫻井くんが好きだった。


7.MUSIC(二宮ソロ)

神的なかーず!
今年のにのソロ好きだったな~。
自身の「かわいい」イメージを利用して、難易度の高いすごいこともサラッとやってのけてる風に見せてしまうというか。
難易度の高い技(ここでいうタップ)が浮いてしまうことなく、演出に溶け込んでた。
「かわいい!!」に帰結させる感じ。


8.Don't you love me?(松本ソロ)

この曲のJr.衣装タイトだったから、林くんの華奢さとスタイルの良さがわかって好きだったなぁ…
出番なくなっちゃったの悲しかった。いろんな事情があるのでしょう、仕方ないね。


9.イン・ザ・ルーム

この曲も赤が効果的に使われてた。

これとCan't let you goとflashbackのフロウ似てるよね。ラップ。
「も少しこうしていたいんだ、ただ」
「ボーッとしてるとあ…まただ」
「身体を拭えど紅の跡」
どれも好きな曲。


10.マスカレード

大好きマスカレード!
これも出番が減ってべっこり凹んだ曲。
「まいったネ、今夜」のようなピシッとした衣装、林くんにとっても似合ってた。シルバーのタキシードにカマーベルト。
マイクスタンドを持つ手がセクシーなのも相変わらず。
マイクスタンドを回収して上手に移動したあと、踊り出す前にスッと襟を正す仕草かっっこよかった!!

こういうシックな曲で、まるで目の前の観客なんて見えていないかのように、
淡々と…っていう表現は違う気がするんだけど、
シックに徹する林くん本当にかっこよくて好き。ずるい。
指先が綺麗。

かと思えば、捌ける前にマイクスタンド持ったままクルリとターンするの。
林翔太でした~!って感じ。
言うまでもなく常に林翔太なんだけど、そこで自分の色を出す感じ?、かっこよかった好きだった。

林くん達が捌けたあとに登場するコタMADE。
ねえ、コタくんとマスカレードの親和性ってなんなんでしょう?
「スキャンダラスに奪い去りたい」っていうフレーズ似合いすぎでしょ…スキャンダラスも似合うし奪い去るも似合う。

コタくんの「ごめんね」「許して」、120%こっちが許すの知ってる…ずるい。

「今日だけは~」
のタタタンタタタンのステップも、コタくん軽快に大地踏みしめてた。
重いように見えて軽快、クドイように見えて爽やかさもある絶妙なバランス。

ところで、嵐による水吹きを一度も観ずに終わってしまったの、今ツアーいちの反省点。
Jr.捌けたあとだよね?
私なにしてたんだろう。林くんかっこよかったわ~って浸ってたのかな。反省。


11.Happiness
12ハダシの未来

13.GUTS!

相変わらず女子投げな林くんかわいい!かわいさ一等賞!
花道を進みながらさりげなくアリーナにファンサしていく林くんのプロJr.っぷりにときめく。


14.愛を叫べ

お前は今でもアイドルさみんな大好きだぜ!!!!

イントロ矢を放つところから、ズラリ並ぶ愛のキューピッドさん達がかわいすぎる。
ニッコニコくちずさみながら踊る林くんのかわいさ!
ハッピーチューンで嵐と嵐組が同じ振りを踊る多幸感!
幸せの可視化!!

「アイドルさ」「困るぜベイベ」
の腰の落とし方が激しいJr.たち(笑)
嵐観ると、そんなんだっけ?ってなる場面。

「みんな大好きだぜ」
の手首のなめらかさと、最後の方のサビでお尻ポンポンする振付してるのがかわいくって好きな林くんでした。

あと愛を叫べは江田くんの腰がすごかった(笑)
あれヘルニアにならない?大丈夫?
江田くんもめっちゃかわいかった。

捌け際ゆっくりめに花道を進む林くん。
上手アリーナのみなさん、目の前を歩くかわいい子林くんです!!お見知り置きを!!


MC


15.日本よいとこ摩訶不思議

林くんのマッチさん衣装、シルバー部分が増え、若っっ干派手になったマイナーチェンジに笑った。
地味すぎるね、ってなったのかな。(誰ですか!?お顔が地味だって言ったのは??※誰も言ってない)
同時に、Jr.の衣装までそうやって気にかけて回重ねるごとにより良くしてくれるのありがたいなー、とも。

摩訶不思議はなんといってもドームのメインステセンターで踊る林くんを観られる喜び!!
嬉しかった!!!


16.君への想い

嵐を見るか、後ろに流れてる入所からの写真を見るか迷う曲。


17.Rolling days(櫻井ソロ)

ファンカッション本当にお疲れ様でした!!
圧巻、の一言。

大太鼓抱えて花道進む林くんの、お尻から太ももにかけてのラインがほんとうに…!好きで!
スタイルのバランスが抜群に好き。
They武道の中にいるとスタイルがよくなるMagic♪とかでなく、林くん単体でもスタイルいいよ。
手足が抜群に長くて顔が小さいっていう意味であれば、もっとスタイルいい若い子たくさんいるけど、
林くんのスタイルのバランス?比率?がすごく好き。

この曲も足でリズム刻んでるんだけど、足でリズム刻みがら大太鼓叩きながら、上体が全然ブレないの。
体幹!かっこいい!


18.Mr.FUNK(相葉ソロ)

嵐担の友達がこの曲でうみんちゅを覚えました(笑)
あの肌蹴てる、ソワソワしてる子は誰?と。はだんちゅ、ソワんちゅ。

林くん出てないから、
一緒にエクササイズ楽しんだり、
FUNK様の一番弟子コタくんを観たり、
東京では植田翔くんを観たりと自由に楽しんだ。

相葉くんが怪我なく無事に終えられてよかったです。


19.FUNKY

Jr.をつけて欲しかった。

20.Bolero!

ガンガン音にノる櫻井くんの姿に私のテンションも上がる!
楽しかった!


21.暁(大野ソロ)

これも途中から衣装変更のあった曲。
インナーに白い布が増えた。骨折したのかな?みたいなやつ。
その前はウワッと大きく胸元の開いたUネックで、デコルテを拝めていたの。

なので、デコルテ……ってなってたんだけど、
「輝いて」
でターンしたとき、中の白い布がフワッと舞ったのが綺麗で。
これはこれでありか、となった東京公演でした。(ツアー終盤(笑))

暁の林くんで好きだったところは、
手の一部かのように滑らかな扇子さばき、
花道を進む移動中でさえつま先を残す歩き方が綺麗だったこと、
「暁に胸の中」の顔の角度と視線が日舞のようだったこと、
扇子をポイしたあとスッと襟を正す仕草には私まで息を呑んだ。

そして、扇子を捨てて踊り出した後のダンスは、
指先の美しさ、重心のかけ方、上がるかかと、つま先の運び方、視線、
そのどれもが計算しつくされているというか、矜持を持って大野くんの脇を固めてるんだなぁっていうのが観ていて伝わる舞でした。
「輝いて」のターン大好きだったな~。

林くんを観ているとね、大野くんが観れなくて。多分私の視野とか焦点の問題なんだろうけど。
だから、大野くんとめっちゃシンクロしてる!っていうの、実は生で観ていて気づくことってなかった。
きっとそうなんだろうなーと思いつつも。WS観てそのシンクロっぷりにびっくりした!怖いくらいおんなじ。


22.Japonesque

薙刀コタくんからのTheyのダンス・アクロで始まるJaponesque導入部分。
見せ場を作ってくださってありがとうございました><

このTheyの衣装好きだったな~。
着物ベースに和花柄があしらわれてるの。

Japonesque前半のダンスもほんと好きだった!袖を持つの。

「捧げるよ」
でウェーブみたく胸を出すところと、

「ゆらりゆらり揺れて」
の林くんの手首の滑らかさ超好きだった。

Japonesqueの林くんのダンス絶品だったなぁ。キッチリ踊ってる中に品がある端正なダンス。

後半はwith和傘。
立ち姿の美しいこと!
全然軸がブレない。凛としていてかっこよかった。
らっちゃっちゃーらっちゃっちゃーって傘まわすところ?で上がるかかとが好きでした。

23.心の空

2番から出てくる。
出てきた瞬間から好きしかなかった。
腰を落とす時の重心の低さ、バネと止めの緩急、指先つま先の美しさとか本当に毎秒好きだったなぁ。
踊りながら髪がファサッと舞うのもとってもかっこよくて。

「分かち合い絆にかえて」
の振付が超好きだった!「絆に」で首入れる林くん。

ラストの林くんの見得を切るキメ顔がめっちゃかっこよかった記憶があるんだけど、スタンドから観たら暗くて表情を全然確認できなくて(笑)
妄想……だったかな?
妄想じゃないはず、きっと林くん炎と特効の熱さに耐えながらキメ顔してるはず。
池たんがいたら耳塞いでたかな、それとも心の準備できてるから大丈夫だったかな…って、大きく鳴った特効に池たんを思い出したのもこの場面。


24.SUNRISE日本

イントロ、前曲ラストの決めポーズそのまま立膝に腕をかけたかっこいいポーズで指を鳴らす。
のぶきと目が合うと、キメ顔から笑顔へと変わるのがかわいい!!
君たち何年も一緒にやってるのに本当に楽しそうにするね!

一旦捌けてJr.紹介で再度登場。
松本幸大&ジャニーズJr.!の紹介で、コタくんの名前を覚えた人も多かったんじゃないかと。
コタくんの大御所感が印象的だった。

Theyは3人でエアギターをしたり、東京ではうさ耳をしたりとso!!cute!!
3人でコタくんに向かってイェイイェー!って煽り、コタくんの「来いよ!」の合図でワーッとコタくんのところに駆け寄るThey。
その後4人で菱形フォーメーションで踊るところ、林くん→江田くん→亮太くん→林くん→コタくんって、パワーを送って連鎖していくような振付がかわいくって好きだった。
そっから4人で投げちゅー^^かわいい!
ここの投げちゅーってJr.みんなやってるのかな?Theyコタだけ?


25.Oh Yeah!

潤くんの「跳ーべー!」の合図で縦花道ではアクロ大会開催。
林くんですか?
ニコニコ笑顔でふわわ~っと小走りで立ち位置についていたよ^^

目瞑っても踊れるであろうOh yeah!、
嵐よりも断然数踊ってきてるであろうOh yeah!。
煽り曲として定番化して嵐が踊らなくなってから長いけど、この曲には踊るJr.が必要不可欠だなぁと改めて思った。
キラッキラしてるんだもん( ; ; )
あまりにもキラッキラしていて泣きたくなった。
いつまでこの光景を観れるんだろうかと。

ドリボで「YOLO~」踊る林くんを観ながら、林くんが放つキラキラを金平糖にして瓶に詰めておきたいと思ったんだけどね、
Oh Yeah!も林くんの放つキラキラを金平糖にして小瓶に詰めたいリストに追加されました。
話逸れるけどデジのラブソーも金平糖案件。


26.Believe

Believeと和解した話をさせてください。

嵐担の頃の私:
毎年のようにBelieveやってない?
Believeやるならせめて踊っていただきたい。踊ってなんぼ!
Believeは踊る曲です踊らないなら別の曲にしてほしい。

今年:
えっ!??Believe踊る林くん超かわいいんだけどなにこれ!??
Believeってこんなにかわいく踊れる曲だっけ!?
Believeごめん、君は悪くなかったみたいだ!ごめんね!!


林くんがBelieve踊るならコンサート中に2回やってくれても大丈夫なくらい、Believeを好きになりました!!単純(笑)

Believe踊る林くん、花道で舞う蝶々のようだった。
フワ~、キュッキュッ!って感じ。
特に一番好きだったのが、ラップ後の間奏。
「進むmy life!!」の後から、サビに入るまでの。
多分そこはJr.の振付がフリーだったんだけど、林くんのダンスが超林くんで。
スイスイーっと足を運ぶの。
ああ伝わらない…!多分林くんと大野くん好きな人には伝わるかな、ムーンウォークみたいにスイスイーって。
とにかくとっっても林くんでした。


挨拶

27.僕らがつないでいく

En.
28.ユメニカケル

いい曲!
勝手に歌詞に林くんを重ねて泣いたりもしました。
虹のゴールをくぐってその手にはきっと掴むべきものがあるから( ; ; )
掴む“べき”ものがあるんだよ~( ; ; )
って、勝手に(笑)

私にとって嵐コンは、
そうやってときめいたり笑ったり泣いたり、感情を解き放てる場所だなーと思いました。
だからなのかな、コンサート観ながら「生きる歓び!」って思うのは。
ここで解き放つyour soul!


29.Love so sweet

間奏のブーーーンと、
準備体操からの全!力!「あっけ!なっい!よるっは!!ないよ~!!」を今年も楽しむしょにの(櫻井二宮)が観れてよかった。
無事に年が越せます。


30.A・RA・SHI

お腹と背中チラッチラさせながら踊ってたARASHI!
林くんと舎弟拡輝のアイコンタクトが激しいARASHI!
体が横向くたんびにアイコンタクトしてるんだもん、大好きか!(笑)
大好きだったね、知ってた( ◜◡◝ )

あとは拡輝だけでなく、しーくんとも序盤で頻繁にアイコン。
東京ではわざわざしーくん林くんとアイコンするために振り返ってくれてた(笑)
しーくんありがとね。
あと宮近くんとも目があって、いいねぇ!って感じで指差してみたり、
楽しそうな林くんをたくさん観れました。

「ティキソーソー」
では毎回のぶきとすれ違いざまにYOチェケしてたね。

階段を上ってからは、踊りながら桜吹雪を蹴りあげて舞わせていたり、踊るときに邪魔だからか桜吹雪を足でどかしてから踊ってたり、
桜吹雪×林くんも楽しみの一つでした。

あと毎回繰り広げられる二宮×大河劇場、東京でやっと観れた!
マイク壊れた設定で、大河くんの時だけあれ?おっかし…あれ?ってマイクポンポンするにのちゃんの姿に笑った(笑)親しいからこそ邪険に扱われる様子に、仲良しだな~とほっこり。

Jr.紹介前、階段を下りてくる林くん。
ここで時折繰り広げられていたのは、林くん×のぶきの小芝居(笑)

大阪では、
林くん「俺ここ?ここでいいのね??」立ち位置を確認するように床を指差す
のぶき「ここです!合ってます!」同じように床を指差す
って具合に、立ち位置を執拗に確認する林先輩と舎弟のぶき。


東京23日は、
林くんの下りる階段の桜吹雪を手で払うのぶき、一仕事終えた的に両手をパンパンと払うのぶき。
階段を下りて、「すまんのう、ご苦労じゃった!」みたいにのぶきに手でお礼する林くん(笑)
林くんたらお殿様だったの!??
と笑いました。

翌日は林くん姫になっていたみたいだね。
WSでは、両手を広げたのぶきの元へピョンっと飛び込む林くんがバッチリ映り込んでてまた笑った(笑)
エンダ~~~!イヤ~~~♪
って流さなくて大丈夫だった???


そしてラスト、Theyが紹介された後にオールジュニアで紹介されて、下手に捌けるJr.の最後尾が林くん。
にのちゃん→櫻井くんの順にハイタッチするとき、
必ず櫻井くんとキュっと握手を交わしていて、観るたびに胸が熱くなりました。




名古屋から始まり東京まで、
行けていない公演や地方もあったけれど、
ひたすら林くんを観て、その顔やダンスや仕草笑顔などを好きだな~と思える幸せをただただ噛みしめたJaponismだった。


miyabi-nightの
「きっと永遠じゃないから眩しく輝いた」
という歌詞がとっても好きで。

常に儚さを帯びる「いま」を、
美しさを、煌めきを、
ひとつひとつ、
楽しみながら目に焼きつけていくしかないんだなぁ
ということをしみじみと感じたツアーでもありました。

「継承」をテーマに掲げたJaponismを経て、直属の継承者であろうThey武道がどんなステージを作るのか、今から楽しみにしています。
楽しみにさせてね?