読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

.milk and honey.

見えないちからや偶然をもっと信じていいよね

【一幕】DREAMBOYS(中山優馬くん座長公演) 9/18

DREAMBOYS優馬くん座長公演にいってきました!
キャストが変わるとこんなにもカラーが変わるんだな~っていうのを体感できておもしろかった。
純粋にそれぞれ良さがあるな~と思った。

あと、真田くん上手だね!?
前回の観劇時も思ったんだけど、真田くんの台詞回し好き。

と言いつつも、以下は今日の林くんのここがかっこよくてここがかわいかったッッ!!っていうお話。
席が遠かったのもあって目の表情があまり観れなかったのがちょっと残念だったなぁ。
裸眼だと視界にはいっているのに双眼鏡のぞくと前の人の頭に阻まれる問題。
それでも、今日も林くんはかっこよくてかわいかった!


Act 1 オープニング/Music 「Next Dream」

前に進んでくるセリのようなセットで登場。Jr.の立ち位置は玉森公演から変わらずそのまま。

林くん前髪を右に向かってわけているんだけど、なんかね育ちがよさそうな分け方だった。坊ちゃんぽい。

前回観劇時マッチコンで不在だった美勇人くんが欠けずにいることによって、美勇人くんと半澤くんに挟まれる林くん。
林くんが小さく見えるMagic♪が起きててちょうかわいい!!
そして林くん出てきたときから歯を覗かせていて笑顔なの。かわいい。

「この・この、ステージが始まる」のところでは相変わらず半澤くんとアイコンタクトして笑顔に。
「足跡残してゆく」のところでグッと強く前を見る。
フライングの軌道は今日も途中から目で追ってた。上向いた表情が相変わらずかわいい。

あと、「君を待つのは何だろう(?)」のときの肩の入れ方大好き。

階段を下りてきて、They武道がそろって中央へ。3人で帝劇に立つ光景、大切な光景だなぁと思いながらグッと来る場面。


Scene 1 ボクシング

フウマとの試合を棄権すると言い出したユウマ。
林くんはユウマに抗議するフウマの動きを目で追っていたのかな、
途中うつむいて舌ペロってして、その後あざけるようにフーンって鼻で笑っていてほんと林くんに蔑まれたいなっておもいました。

Scene 2 半年後/Music 「俺にも子供の頃があった」

Scene 3 撮影所/Music「They Don't Care About Us」「One Night」

「♪They Don't Care About Us」

下手から出てきたのかな?
衣装は変わらず、黒の前あきノースリーブパーカーに黒ハーフパンツのボクサースタイル。
2列になって縦に並び階段をおりてくる場面では、林・半澤の並び。

階段を下りきって下手。
立ち位置につくときにパーカーの胸元を持って襟正すみたいな仕草してた。襟はないんだけどwパン!ってする感じの。
あと林くん、「ワナワナ」って口ずさんでた♪(メロディが思い出せない)

ダンスは、リズムに乗ってジャブするみたいな感じの振りが印象的。
玉森公演のスリラーがガッシガシ!なだけに物足りなく感じた。
個人的に「BOMB」と「thriller」が大好きだから、ダンスについては玉森公演の方が満足感あるなぁって思った。


<撮影中止に追い込むくだり>

監督がかぶっていたキャスケットを奪ってかぶるくだり、
今日は「ワンナイ♪」って流れてる曲を口ずさみながら奪って被ってた。ほらほら~みたいなお顔がかわいい。
そしてその後ブンッ!!って監督を投げ飛ばす時の荒々しさ。おーこわ!
投げ飛ばした後は、柱的なものに右手をかけて寄りかかって立つんだけど、その時右手をイライラしてるようにトントン刻んでて怖い。


下手階段を降りる途中のセリフ、

林「問題はカネなんだろ?ユウマ。興行収入の5%を要求したそうだなァ?」

は、「したそうだな」じゃなくて「したそうだなァ」になって語気荒めに。
「したそうだなァ?(あぁん?)」みたいな。

そして階段を下りきってオラオラする訳だけど、ちょうど林くんの後頭部が見える席でして。
オラオラしてる人を観ながら「つむじかわいい」って思ったりなどしてすみませんでした。


Scene 4 桟橋/Music 「星の光る空」

Scene 5 チャンプのジム/Music 「It's Going Down!」/「Fight Man」

<ユウキがボクシングの練習をする場面>

階段のセットに片膝たてて腰掛ける林くん。
「もっともっとー!!」とユウキにげきを飛ばす。


林「いやそうじゃない。チャンプは自分で自分を絶体絶命の世界に追い込んでるんだ!」

「♪It's Going Down!」
これどんなダンスだったかな~明日ちゃんと観る。
側転をしてフウマくんとボクシングの型に入ってたのがかっこよかった!
終わり方が、後ろを振り返りながら挙げた両手を肘曲げてロックするみたいな感じで。
そこの林くんが、フワ~~、キュッ!って感じでかっこよかったの。伝わらない。
林くんのダンス本当に毎秒好きなんだけど、ロックする時の「止め」に入るまでの仕草の滑らかさは波とか風のようで、そこからキュッて一瞬で止まるポーズが綺麗で、好きだなあって思った。
こっちは「♪They Don't Care About Us」より踊ってた。



場面は再びお芝居へ。

チャンプのジムに来たユウタに向かって、

林「帰れ!ここはお前の来るところじゃない!」

ユウマが映画の撮影再開をチャンプに土下座して懇願。

林「なんなんだよこれ!」

ユウマを突き飛ばす林くん。

♪「FightMan」

FightManのキレッキレっぷり!!!
これを待ってた!!!
お腹チラリするのずるいかっこいい!

Scene 6 スタジオ/Music「ダンケシェン」

かわいい!
マリウス様が終始天使すぎて、私のメモにはマリウスが出てくる場面のたびに「マリちゃん天使」「マリちゃん大天使」って書いてある(笑)


Scene 7 公園/Music「THE DREAM BOYS」
Scene 8 A 試合会場

They武道は9扉から入ってきて34-35通路を通ってステージへ。フウマ、亮太くん、林くん、江田くん、半澤くんの順に進む。チャンピオンベルトを掲げるヤマモト。拳を突き上げる林くん。

ステージに上がり、フウマのガウンを脱がせて上手袖へ持っていく林くん。これ投げてなかったわ。ライダースの襟を直す。

そしてユウキとグータッチしてた!かわいい!

Scene 8 B 試合/Music「Fight」

ユウマとチャンプの試合を観ながら応援する面々。

前回観劇時は腕組んでる時間が長かった林くん、今日は両手を両膝について前かがみになっての応援スタイルが多かった。

腕を組んで、鼻スンってして、膝に両手、腰に両手あてる、膝に両手、腕を組んだ!?と思ったら一瞬でまた膝に両手、後ろに下がってみたあと前に出る、みたいな。

試合が白熱すると膝に両手あてて、より前のめりになって応援。

フウマが倒れた時は真っ先に駆け寄って支える。

相変わらずここのヤマモトの狂犬ぷり。

林くんチャンプを抱え担架へ。フウマを担架で運ぶ江田くん林くん。


Scene 9 廃墟の芝居小屋/Music 「仮面の世界」/パフォーマンス/「母の祈り」/「Be myself」

マダム「姿を隠して今は逃げるのよ、ユウマ」
な場面。

「♪仮面の世界」

背中合わせになった江田林の身長差!

ここのダンスも好き。林くんの関節の動きがすごく滑らかで。
下手立ち位置で、ロボットダンスのような音に合わせた振りがあってその部分めっちゃかっこよかった。

<ユウマの居場所を知っている萩谷を問いただすシーン>

23-24通路かな?を通って登場。

ユウマが身を隠している小屋に着いて、

林「きったねえなぁ!廃墟じゃねーかよ。こんなところに隠れるのもユウマっぽいよなァ。」

殴る蹴るの暴行を加えるなどしてThey武道パイセンが萩谷くんをボコボコにする場面。
よろめく萩谷くんを後ろからガシッと取り押さえる。そしてブン!と殴る。


「♪Be my self」

光る緑の電飾の鎖にユウマが繋がれる場面で電飾の鎖を持って出てくる江田林。


Scene 10 街中/Music 乱闘のテーマ/逃亡のテーマ/1幕エンディング

<ユウマとヤマモトが対峙するシーン>

相変わらずヤマモトのナイフさばき怖すぎる。予測不可能な動きをするから。

ヤマモトにナイフが刺さってしまって駆けつける場面。

林「てんめーーただじゃ済まさねえぞ!!!」

セリフに込める熱量が増したように感じました。

あと前回謎だった、警察に捕まったはずのユウマが後に逃げ続けている件については、手錠かけられたけど、フン!って警察の手振り払ってた。


ユウマの「何もかも引き受けてやろうじゃないか!!」

のセリフの気迫がすんんごかった。
何もかも引き受けてきた優馬くんが言うこのセリフの重み。

ここで一幕が終了。