読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

.milk and honey.

見えないちからや偶然をもっと信じていいよね

【滝沢歌舞伎2017 】二幕その1

今年はちゃんと観劇ごとにその日のことを書き留めようー!とか思っていたのに全く実践できないままMy楽(済)でござる。

千穐楽を迎えてしまう前に二幕の話をしに来ました。

二幕

「鼠小僧、夢小判〜笑いあり、涙なし〜」

2年毎なので今年も二幕は鼠小僧!
話の大筋はそのままに、配役とか話の流れがスッキリして分かりやすくなってた気がする。

あと今年はこどもJr.がいる。
ので、冒頭の幼少期の再現場面が声だけでなくJr.が生で演じてるのもよかった!川崎内村班と豊田ヴァサ班。川崎くんの安定感!川崎くんみたいにプロとお呼びしたくなるプロチビジュ、各世代に1人はいるよね。っていっても中学生だとチビジュってほどでもないのかな?チビジュ#とは
個人的にはウッチーこと内村くんが首すわりたてみたいでかわいかった〜。4剣士で舞台から落ちたとかでウッチーが一時出なくなり、また戻ってきた日の口上は演舞場のお姉様方全員がそして母になったよね。
この子たちが大きくなったときに、年少さんリーダーの林くんと共演する機会があったらいいなあ☆彡

◆SnowMan大活躍!

配役が見直され、今年は去年よりさらにすの一人一人が光ってた。滝様すのになんでもやらせるしすのもまたなんでもやるからすごい。

講談師岩本くんに惚れましたぞ〜!

昨年と大きく変わったのはなんといっても岩本くんの講談&ストーリーテラー
講談とは、

演者は高座におかれた釈台(しゃくだい)と呼ばれる小さな机の前に座り、張り扇でそれを叩いて調子を取りつつ、軍記物や政談など主に歴史にちなんだ読み物を、観衆に対して読み上げる。上方講談においては、張り扇と拍子木を併用する。

これすごくじょうずだったよね!?独特の話し口調をものにしててすごいな〜と思った。
\惚れた!惚れた!惚れた!惚れましたぞ〜〜!/
の身振り手振りが好きだった。
ほんと滝沢歌舞伎に出るJr.はまじで!?それもJr.ができるの!?みたいな域の技をサラリとやってのけるからびっくりする。きっとたくさん練習してものにしてるんだろうにサラリとやってのけてるように見せる。この岩本くんの講談にしろ宮舘くんのお囃子にしろ、例年にない伝統芸能を新たに取り入れたことで滝沢歌舞伎の世界観がさらに広がったように感じた。これからも滝沢歌舞伎ならではの和とジャニーズの融合に期待したい。と言いつつ、こんなに多才な人たちがJr.のままとかどうかしてるぜ!という気持ちもあるよね〜わかる〜。

ストーリーテラー世にも奇妙な物語のタモさんを想像してもらえればだいたい合ってる。これがまた背が高いから衣装が本当に似合ってて超かっこいいんだ。
大蔵金之助のシーンの終盤、暗がりの中あの上手のガキ様のお部屋に岩本くんが登場して足組んで腰掛けて待機してるんだけど、その姿がかっこよすぎて金ちゃん見るか岩本くん見るか最後まで迷った。
ただ、役回り的に劇中に登場せず、犬としか絡まないし大捕物にも出ないからその点で物足りなさはあるのかもしれない。そんな中日程も後半になると犬が一方的に絡んでたところで岩本くんがノッてきたりしてて、岩本くんファン的にも楽しみなシーンになってたんじゃないかな。捌けながらピコ太郎2ステップする岩本くんかわいいかよ。
「ついに運命の再会の時を(指パチン)、迎えようとしているのであります」って指鳴らすのもかっこよかった。

安心安定!信頼と実績の宮舘くん

二幕冒頭の立ち回りのシーン、今年も宮舘くんの臨場感あふれるお囃子が場面を盛り上げます。このお囃子打ち鳴らす姿、2年目をむかえても尚「いやほんと…ほんとすごいな!?!?」って新鮮に驚く。ほんとすごいよね!?
さらに宮舘くんはこの二幕に限らず、いにしえのフライングキャッチ・4剣士の戸板・刀投げと危険を伴う重要なポジションをいくつも担ってるのもすごい。宮舘になら任せられる!みたいな殿の信頼を感じますな。うんうん。

そして二幕劇中では今年も絶好調に威張り怒鳴り散らす徳俵の旦那!昨年岩本くんが演じてた蔵前の九郎次親分がいなくなった分、徳俵さんのポンコツっぷりに磨きがかかっていて普段の宮舘くんとのギャップがおもしろい。徳俵さん一生キレてて、そんな旦那に対して林くん演じる子分の小次郎さんが終始鬱陶しそうにしてるのも笑う(笑)
あと5/4夜ブス祭りだった日、旦那まで「おブス〜〜!!!酒持ってこーい!!」ってノってきたの超笑った(笑)

帰ってきた!バカ殿金之助はアドリブの天才!

帰ってきた大蔵金之助!
佐久間くん演じる金之助お殿様は昨年とまったく同じ演出での登場。
「この世に生まれて23年!あ、一年経ったから
24年!」
鼠「一年経っても成長してねえなぁ。」金之助「え!?身長のことっ!?」
みたいに一年ぶりネタで笑いをとってた。
そしてこの金之助のシーンはなんといってもアドリブが楽しい!昨年に引き続き冒頭の「はあああ!なんだ〜お客さんか〜」のくだりだけでなく、「見て!鳥肌が立ってる!」のところも変えてきていたり(「見て!交互に見て!」@2700ネタが好きだった)、あとはガキ様のヌーっと来たら〜のくだりね、毎回楽しみだったな〜。
アドリブでも事前に打ち合わせしてるにしても、昨年と同じ演出なのに飽きさせない佐久間くんのセンスあふれる小ネタ、あっぱれ!!!でございました。
あと4/9夜公演金ちゃんのヅラが取れた事件、去年の泰観犬のシッポが挟まったのに続く「語り継ぎたい名ハプニング」だった(笑)

「お丸さんは俺のもんだ!」みんな大好き菊三さん

阿部くん演じる菊三さんにみんなが夢中になりました。昨年は渡辺くんとニコイチだった菊三さん。今年は渡辺くんが犬に転生したので菊三さんと仲間たちって感じで、昨年と同じ役ながらも今年の方が目立ってたしおいしかった!
菊三さんかわいかったな〜!

・駒蔵がお店荒らしに来たときのポンコツへっぴり腰っぷり。着物の袖でお顔を隠しながらの「ととと!とっとと出て行きやがれっ><!」
菊三さんめっちゃ弱いかわいい

・小次郎「旦那の読みがことごとく外れてるからだ!」菊三「わーっはっはっはあ〜!(指差して爆笑)」からのやべ!ってなってお口ミッフィーさん
かわいい

・「お丸さん!おてもとを一つ!」
2回目の団子屋のシーンでは菊三さんの日替わり注文に客席みんなでワクワクいたしました。ここでオトコマエダの前田くんと毎度わっちゃわちゃしてたのもかわいかった!

あ〜菊三さんかわいかったな〜〜!

犬おいしすぎるだろう!笑 犬おいしすぎた。
犬ずるいわ〜。ただでさえ犬顔なのに犬耳とお鼻つけてるんだもん、めっちゃ犬(笑)
渡辺くん演じるお犬さまのかわいさに、客席のあちこちからお姉様方の「かわいい〜……」っていう心の声がだだ漏れてて笑った(笑)私はというと、かわいさに屈してたまるか!みたいな謎の反抗心が生まれて(笑)、わりとスンッと観てたんですけど。見るからにオイシイ役を後藤くんから引き継いで、二代目のプレッシャーもあっただろうに出オチにならずにちゃんと笑いとってて渡辺くん流石だな〜!と思った。
あとなべわんこ小次郎さんに懐いてるっぽいのかわいかったよね。小次郎さんが歩くと着いていくの。お散歩連れてってもらってたのかな〜?犬顔(林)が犬顔扮する犬(渡辺)を散歩させる光景見てみたかったな〜!

江戸の大輪の花!みんな大好きお丸ちゃん

おや?誰か足りないな?と思ってたらあろうことかお丸ちゃんのこと完全にスルーしたまま記事あげてたお丸ちゃんごめんほんとごめん!悪意はなかった。
もう観客みんなお丸ちゃんのことがかわいく見える魔法にかかってる。お丸ちゃんかわいい。
次郎吉と仙吉が2人きりで語らいだすとスッとその場を離れるお丸ちゃんが地味にすごく好きです。愛嬌とユーモアがあって気遣いも出来る、って見れば見るほどお丸ちゃんがいい女すぎて。
ほんとね〜ふっか愛されてるよね。それが羨ましいとかそういう気持ちはなくて、なんかほんとお丸ちゃん見てるとふっか愛されてんな〜ってしみじみ思う。すのの役はどれもハマリ役だけど、お丸ちゃんは特にふっかにしかできない役だなって思うもん。
5/2夜、あの屋根が上がったり下がったりするくだりが今期初めて復活したとき。お丸ちゃんもといふっか、嬉しそうだったな〜!っていうのが印象に残っています。
あと5/7夜の小次郎さんとのくだりはまたあとで書くね!??!(ギリギリギリ……!怒ってるらしき歯ぎしりの音が聞こえる…!)


と、二幕でも個性の光るSnowManなのでした。

つづく

【滝沢歌舞伎2017】一幕覚書


春の踊りは、\よぉいやさあ〜〜!!/

というわけで今年も春が、滝沢歌舞伎の季節がやってきた!よっ!待ってました〜!!
ちょうど先週末は桜が満開!今年もこうして桜に出迎えられて新橋演舞場に向かえる喜びに胸躍る、春の幕開けとなりました。



以下ネタバレ(〜4/9夜観劇分)

オープニング

OVERTURE

今年は春の踊りの前にJr.が登場。
滝様のフライングが着地したくらいのタイミングだったかな、滝様の背後に真っ白いスモークに包まれたJr.たちのシルエットが浮かぶ。
横一列にズラリと並ぶJr.たち。一歩ずつ前進して姿が鮮明になっていく。
林くんはセンターよりちょい下手寄り。川崎くん(?)・林くん・すのの並びになってるから見つけやすい。
衣装は白地に金色の装飾のついたWITHLOVEのスーツ衣装。

滝様「春の踊りは!よぉいや」
Jr.「\さあ〜〜〜〜!!/」

ここで幕がおりオープニング映像。
オープニング映像は過去の歌舞伎の総集編的な、去年のと同じだと思う。

春の踊り

冒頭の
\おーー!/
でもう春の踊りの衣装になってるからお〜!ってなる(語彙力)。早替え早替え〜!衣装は昨年に続き赤い衣装。
林くんの立ち位置は下手。今年は土台じゃなく担がれて登場!土台は基くんとあと1人は誰だろ?
下手で担がれて登場→そのまま最下手でダンス→センター→滝様フライング中室くんとセンター割り(林くん下手側)→フライングキャッチ(林くん上手側)→上手に捌ける

昨年は林くんが振り付けたパートがあったこの「春の踊り」。振付変わってたけど今年の振付事情はどうなってるのかな?あと今年室くんとセンター割っててそれがまたかっこいい!
そして林くんのフライングキャッチも復活!
フライングキャッチ→白いマントを外す→肩トントンして捌けていくんだけど、7日このマント外すのに少し手こずってて間に合うか!?って少しヒヤッとした。いつもは外したあとシュルッてまとめて小脇に抱えていたマントもこの日はそのまま持って捌けて行ってたな。

いにしえ

林くん今年も赤布担当!
自担のいにしえ観ないと春が来ないよね。

林くんが出てくるまでは最下手のおめぐを観たり、上手の基くんを観たり。基くんのいにしえのキレがすごい。キレもそうだし、俺を見ろ!っていう目してるの。基くんめっちゃ大人っぽくなったよね?あんなにきゅるきゅるしてた基くんがこの一年でグッと男らしくなっててドキドキしちゃう。

ていうかそう!おめぐがいるのですよ。目黒くん。公演2日目の4/7から急遽谷村くんのアンダーで目黒くんが出演中なのです。※4/13から谷村くん完全復活により目黒くんの出演はなくなったとのこと
谷村くんは二幕のお芝居の場面だけいる。花道を歩いて出てくるときにどこかを庇うような歩き方してたからどっかしら傷めてるんだろうね。腰かな〜?って友達が言ってて、ああそうかも腰かもと思った。真相は謎だけども。そして谷村くん完全復帰おめでとう!!私がこのblogをちまちま書いてる間に谷村くん戻ってきてた。
そして目黒くんね。髪が茶髪で根元がやや伸びてる様子から急遽呼ばれたんだろうな感が伝わる(4/10の休演日に黒染めしたそうな!)。でも観ていて全く違和感がないの。MASKDANCEも二幕の立ち回りもナチュラルにめぐたんがそこに居てびっくりする。宇宙になってからもう私目黒くんが孫のようにかわいくて。うちの孫が><がんばってる〜><って下手のめぐたん観てたらいつの間にか上手から林くん出てきてて慌てたよね。うっかりうっかり。
めぐたんも急遽の出演お疲れ様でした!かっこよかったし、うちの最年少頼もしいな!って思ったよ。

さて。
林くんはというと、赤布持って出て来てハの字フォーメーションのときも赤布後せりが上がって横並びで踊るときもやや上手。2階の33番で観たとき立ち位置真正面だった。赤布持ちながらスンッて何も持っていませんよ風に踊る林くんがやっぱり好きだな〜。かっこいい。
「はるか遠くまで〜」で腕の動きに合わせて上→右って移る視線、「銀河の果てまでも」の「までも」で右上から左下へと腕をウェーブさせるときの視線!ほんっと林くんのダンスの視線の表現が超好きなの。って毎年同じこと言ってる自覚はある(笑)ほんとうに!林くんの!ダンスが好き!!
いにしえの林くん観られて春の訪れを実感!!今年もお目にかかれて嬉しゅうございます。

オープニング2

OVERTURE

健くん登場の際Jr.がずらりと並んで出迎える演出はそのままに、昨年にはなかったダンスが追加されてた。このときは阿部くんを見がち。
あとね、ん?すごく好きな頭のフォルムの子がいるぞ?って目に入った子が基くんだった。自然と目に入っちゃってる〜(笑)上手の奥に、後頭部ベストフォルム賞!て感じのサラサラマッシュヘアで頭まんまるの子がいたら基くんね。

Maybe

今年もMaybeなんだ…!という驚きと、
「(冷静な自分を隠し持つ)ようになってしまったのは」で上手から林くんが出てきた時の衝撃…!!!!
ヒェ〜〜〜><って声出るかと思った。まじで声出るかと思ったんだけど初日風邪で喉枯らしててリアルに声が出なかったおかげで救われた。あっぶなかった〜。だってまさかまた観れると思わなかったんだもん……また林くんのMaybeが観られるなんて( ; ; )ありがとう健くんありがとう( ; ; )健くん本当にありがとう( ; ; )
初日から4/9夜まで観た今のところの感想は、より一層物語が見えるようなダンスになってるなあという印象。昨年のMaybeは出てきてすぐの「I just wanna〜」からもう、抱き寄せるように両腕をガッと引く振りとかそのあとの腰つきにこれまでにない大胆さや強さを感じたんだけど、今年は「必然の奇跡か」で前に出てくるあたりからアクセルを踏み込んで、曲が進むにつれて想いが加速するようにダンスが激しさを増していった(ように見えた)。完全に主観です。
とはいえ、サビに至るまでも、
「〜fall in love baby」で手のひらに指先をつき刺すときの伏し目とか、
「乾いた胸に注がれていく」で右上から左下に何かを注ぐような振りの時にそれを追う視線とか、
その表現の繊細さは相変わらず。情緒を生む林くんの視線の表現が本当に好きです。そう視線といえば、「遠ざけては追いかけてたもの」で小指を女性に見たてて目で追うところ、今年も絶賛拗らせる切ない眼をしてるからみんなそんな林くんを観て恋患お。あれだなMaybeの林くんは普段見せてないカオを垣間見てしまってる気がするからドキドキするんだな。
あとね、「重さはかりながら」の“嘘”の手話からそのままスーッと人差し指をおろすときの余韻もすごく良いの。好きだ〜〜〜林くんのMaybeがすごく好きだ〜〜><(落ち着いて)。は〜〜ほんとMaybe拗らせるわ。
でね?(まだ続くMaybeの話)、そのサビでアクセルを踏むように見える話。それが意図的なものなのかこっちの勘違いなのかは分からないけれど、なんかこうどんどん内なる衝動をあらわにするような感じがしてさ〜〜。特に下手に行ってからのガシガシ具合が超かっこいい。スタンスの広さ!脚が長い!かっこいい!あと踊る林くんの足元・つま先本当にかっこよくない?つま先が浮いたりかかとが浮いたりするそのステップの踏み方。世の中に、林のステップほどかっこいいものはない。ってかんじ。林くんのダンスの重心のかけ方がすごく好きだ。
Maybeについては林くんに演技プランならぬダンスプランを聞いてみたくてしょうがないんだけど、現段階での印象は勘違いなのか否か、今後どう印象が変化していくのか、今年のMaybeのこれからを楽しみにしています。

蒼き日々

ケンタッキーの新曲!このあたりでやっと冷静に健くんを視界に捉えて一年ぶりに拝むその麗しさにあらためておののく。ちょっと待ってお顔がすごく麗しいな??これはしっかりと拝むべきなのでは?って双眼鏡構えた。肌もさることながら健くんてなんであんなに髪ツヤッツヤなの?肌と髪のツヤって大事だな…ってしみじみ思った。

この曲のバックはすの&女ダンさん。
去年すのにすのとしての見せ場があんまりなかったじゃん?個々の見せ場はあったけど(去年はそれもまた滝様の狙いだったのかもね?個々で頑張れよ的な)。
その分、今年のこの「蒼き日々」ではこれでもか!というくらいすののダンスを堪能できます。
盆が回る中で順番にソロダンス披露していくところ超〜〜かっこいい!

4剣士

下手に室くんが登場。
導入の語りを経て、突然室くんが役に入り不気味に笑い出して物語へ突入。

今年の4剣士は、4剣士(滝健+チビジュ2人)vs室軍の構図。
冒頭白装束の室軍の武士たちが駆け回る場面、序盤に上手から出てきて下手端まで行ったかと思ったらUターンしてまた上手に捌ける人が林くんだよ……ね?シャトルランみたいな動きしてる人。

林くんの殺陣の、刀をこう上から逆手に構えたあと顔の前で横に構える一連の所作がかっこよくて好き。
途中林くんが刀を渡す相手は根岸くんかな?
刀を持って渡したあとは、最上手で林くん含む大人Jr.4人が安嶋くんの手足を持ってブーンブーン揺らしてグルリ回す→着地した安嶋くんに大の男4人が殴られてやられる。安嶋くん強すぎわろたww
戸板崩しの場面は林くん不在。
ここはやっぱり宮舘くんかっこいいね!

お化け「こどもつかい」

今年も\\突然のホラー!!//枠を林翔太くんが怪演!
昨年の「雪女」ではお冬・みの吉・語り部の三役を演じていたこの枠。今年は、語り部の語りを中心に、叱責する親・恐れおののく親・こどもつかいの台詞を交えながら物語が進む。
ほんと率直な感想、(これは…番………宣………めっちゃ番宣やないか……そうか、映画も松竹……)て思った。思ったけど、これから公開する主演映画に絡めた内容の演目をまるまる任せてもらえるなんて、それだけ林くんのお芝居が信頼されている証でもあるよねって。映画の前売り券買いますね。


お話の内容は、子から親への復讐劇。
子を捨てる親たちがいるように、親を捨てるこどもたちもいる。親に捨てられ、あるいは親に虐げられ心に傷を負ったこどもたちは、ある日忽然と姿を消し、数日後何事もなかったかのように再び姿をあらわす。その3日後、こどもたちの親は皆不審な死を遂げるのである。
その背後には「こどもつかい」の影がーー。
「さあ!いじわるな大人たちは1人もいない、こどもたちだけの世界へ行こう!」
こどもつかいはそう言いこどもたちを誘うと、こどもたちを復讐の化身へと変貌させる。こどもつかいに取り憑かれたこどもたちは、操られた人形のように残酷な行為を繰り返し、大人たちを死へといざなっていった……。
というようなお話。

おそらく映画本編のものであろう虐げられる子どもたちの映像から始まり、昨年同様スクリーンの映像とリンクしながら林くんの一人芝居により物語は進む。
どうしても昨年と比較してしまうんだけど、昨年に比べて会話部分が少なくて地の文の語りが多い構成になっている印象。これ難しいだろうなと思った。そんな中でも、観客の感情を揺さぶる緩急あるお芝居で場の空気を掌握していて、さ〜〜。すごいのよ。すごい以外の言葉が出てこない。すごい。お芝居をする林くんを観るたびに、もっともっといろんな役を演じる林くんを観てみたくなる。
そして地の文が多い分、役へと切り替わる場面がどれもとても効果的。「うるさい!静かにしろ。」「.お前なんかうちの子じゃない!」「生まれて来なければよかったんだ!」そう叱責していた親が、こどもつかいに取り憑かれ変貌したこどもたち姿を目の当たりして死への恐怖をあらわにする、感情表現の振り幅がすごい。その怯え方もすごいの。さっきからすごいしか言ってない自覚はある。
漆黒のマントを羽織り役がこどもつかいへと切り替わると、そのあまりにも柔らかい声色と表情に得体の知れない恐怖を感じて背筋がゾッとした。林くんのこどもつかい、ハーメルンの笛吹きみたいだった。

と、長くなってしまったけれど、まとまると「こどもつかい」の林くん的見どころは、語り部分の抑揚のつけ方と、役に入ったときの振り幅!にあるんじゃないかなとおもいます。

MASKDANCE

健くんのMASKDANCEの完全版を観られる喜び!

変面

バレリーナの方や女ダンの皆さんに混じってバレエの松尾くんが華麗なバレエを披露してる。

太鼓

ケンタッキー2人での太鼓では健くんがあのフィーリンでも使ってた大きい太鼓の上でタップ太鼓を披露。健くん妖精さんみたいでかわいい。滝様の太鼓が走り気味なのがちょっと気になった。

Jr.が出てきてからは林くん最下手。去年と同じ立ち位置。
林くん相変わらず腹式呼吸がすごくてかっこいいの!お腹が風船。立ち太鼓、スッと背伸びしてそのまままっすぐバチに体重をのせる叩き方が好き。
気になる腹筋はというと、安心してください割れていません。むしろ若干ふっくらした?
そして今年もまわる腹筋太鼓メリーゴーランド。回さなくていいのにね?林くん今年も頭ブンブン振ってたな〜。歯食いしばってる表情が観れたりするから腹筋太鼓は2階席に限る。
そうそう9夜、太鼓終わりの\おりゃー!!!!/がエネルギー全部出しきった感あってよかった!明日休演日!!っていうのがよく伝わってきました(笑)休演日前の太鼓好きだわ。

浮世艶姿桜

演出・立ち位置は昨年同様。

ていうか!!!
セグウェイはいらないとあれほど言ったでしょう??!!?
も〜〜。
演出は昨年のものとほぼ同じ。間奏の女ダンさんたちの衣装に電飾がつくというマイナーチェンジはあった。変えるのそこかよ!??笑
まあでもセグウェイ乗る自担観れる機会もなかなかないからいっ…か……また林くんセグウェイがうまいんだ。セグウェイがうまいって何!?って思うと思うけどほんとにセグウェイの乗りこなしがじょうずなの!
ドヤポーズでスイー出てきたあと、スウィングしながら後ろに下がるところの腰の滑らかさ。お得意のセグウェイターンは今年1回転なことが多くて物足りない。今後の2回転に期待。
そこから一旦捌けてラスサビ、水を得た魚のように踊るシーン。去年はどうした!?ってくらいガッシガシ踊ってた林くん、今年もキレてるけど去年ほどガッシガシしてなくて寂しい。ただ、「この世さえ」のポーズの美しさと指先と視線は昨年同様全林担が好きなやつ。林くんのダンスの、身体を伸ばす振付のときにちゃんと伸ばしきるところ素敵だよね。

ていうかこれやっぱこれ全編踊ろう!?に尽きるね?「3秒笑って」ならぬ「全編踊って」。
またこのラスサビからアウトロにかけての振付がすごくいいんだもん。すごい好きなのこの振付。静と動のコントラストがはっきりしてて緩急のある振付。ガッシガシの途中で不意に訪れる、ふわっと何かを包み込むように両手を手前からスーッと引くところ(あの大きめのおにぎり握ってるみたいなやつ)、「この世さえ」のところ、あのスローモーションになる感覚がすごく好きなんだよ〜〜滝様〜〜><
ほんで林くん一座があるからアウトロ前に捌けちゃうの。の!しょうがない、しょうがない!けどせっかくの踊る場面が短くなってしまってしゅん….ってなるのもまたしょうがない。

滝沢一座

楽屋

今年のピンク法被は龍太&翔太コンビが担当します!
暗がりの中林くん下手からなかなかのダッシュで走って出てきて、ライト当たるときにはもうスンッて立ってる。お着替えお疲れさま!
最初センターにいて、スクリーンに映像が流れるのにあわせて下手に移動する。
林くん的には2015年ぶりのピンク法被。前回はThey武道3人で回してたからしっかりものポジションだった林くん。今回は関西きってのツッコミ担当室くんとコンビを組むことによって、林くんがね、ボケに回っては…いないんだけど、ちゃんと進行してるんだけど、激烈かわいいの!!!
あーでも2015年もめっちゃかわいかったな…めっちゃかわいかった…でも違うの、今年の林くんは一味違う!いっこキャラを乗っけてるの。
林くん昨年2016年に「アンダースタディ」という舞台で底抜けに明るいキャラクター“シュン”を演じたのね。お調子者で空気が読めない、だけど明るくて素直で真っ直ぐな愛されキャラ。今回のこの楽屋のMC、「うんっ!」とか「あのねぇ」みたいにところどころタメ口になるところとか、あとあの表情の作り方!(かわいい!!)にシュンちゃんの面影を感じた。この感じは去年のあのシュンちゃんの役を経たからこそなんだろうなと思って。
お芝居のお仕事の経験がこうしてお芝居以外にも活きてくるんだ、って私ほんとまじですごく感心しちゃった。あんまりトークの得意でない林くんだけど、いっこキャラを乗っけることで幅が広がったように見える。一年経ってその分の経験を積んでこうしてまたここに立っているのだというのを強く感じた。
あと、滝様と健くんの会話のくだりで滝様の声の時だけ低いいい声でそのあとまたシュンちゃんみのある高めの声に戻るのも、林くんのいい声の無駄遣い感あって好き(笑)

室くんとの絡みも回を重ねるごとにアドリブが加えられたりしていて、休演日明けからは質問代読コーナーも追加されたそうなので今後2人のかけ合いにも超絶期待したい。トークな〜、……のびしろだね。室くん、林くんをよろしく頼みます。ビシバシしごいてあげてくださいな。

あとはあの、ね。新曲のくだり。それ林くんに言わせるんだ?って新鮮にびっくりしちゃった。まあでも歌舞伎ってそういうとこあるよね。知ってた。今回のことは悲しいし傷つくし複雑すぎるけれど、強く生きようぞ。おたくも林くんのように強く生きよ。強くたくましくしなやかに。「あんたは偉い!あんたが最高!よっ!日本一!宇宙一!!」ってこれからも林くんのことを全力で肯定していこっておもいました。

BoogieWoogieBaby

すのも観たいのは山々だけど健くんの黒子を基くんがやってたら基くん見ちゃうのしょうがなくない!??(開き直り芸)
基くんまーあお顔が美しい。美人。ほんでBWBめっちゃ口ずさんでて笑う。どれだけ口ずさんでるかというと、「Here we go!(ひゅいごー!)」みたいな合いの手みたいなのも全部口ずさんでる。もちろんちゃんと真剣に健くんのことパタパタもしてるんだよ。真剣な顔でパタパタしながら口元だけ休みなく口ずさんでるからおもしろいの。
これ健くんと基くんが雑談したりする日は訪れるのかな〜?それともりゅたしょたピンク法被コンビが話してる時に健くんとお話してたりする?

化粧

今年も後輩の顔になってる滝様が観れる貴重な場面。
健くんの美へのあくなき探究心を目の当たりにして私もいろいろと頑張ろうって思った。健くんめっちゃ眉に時間かけない?やっぱ眉って大事なんだろうな〜。

滝沢歌舞伎

白浪五人若衆

チビジュ4人の口上。
年少さんリーダー林くんがお世話してる子たちということでより一層(よっしゃ覚える!)という気持ちで見守る。

ていうか今年口上してないけど新たに加わった子いるよね?林蓮音さんと五十嵐くん。あとバレエの松尾くんか。
去年いなかったでいうとあと福本くん。福本くんは一昨年?いつかは福本歌舞伎!つって口上してたからおかえりなさいだね。福本くんは嵐組だからわかる。錦織圭と福士のノブくんを足して割ったみたいなお顔してるよね。要するに濃い。

そしてこのまま口上が続くかと思いきや、なんと今年年長さんチームの口上がないでやんの!なんでなん??口上がないとかありなんだ…!??
室くん今年初参加なのに口上ないのかわいそうだし、すのもあんなに活躍させるなら口上あったほうがよくない?

傾き踊り

すのと女ダンさんによる舞。藤の花飾りをつけて可憐に舞う。

楼門 滝沢五右衛門

あのキティちゃんかわいい!!!!って一番最初に目に入った人が自担だった。
キティちゃんハチマキが似合うこと似合うこと!

今年の五右衛門では、梯子に登る捕手役に阿部くん渡辺くん(一番上で逆さになる役は渡辺くん)(この渡辺くんが毎度決死の形相で観てるほうも手に汗握る)を抜擢。さらに岩本宮舘ペアの刀投げが復活!
と、お馴染みの演目でありながら役回りを一新することでまた新しい五右衛門へと進化を遂げています。


林くん的見どころは、これまで江田さんが担当してきた、
「五右衛門!!」\うごーーくなーー!!/
の「五右衛門!!」の掛け声を今年は林くんが担当!これすごく胸に迫るものがあった。五右衛門といえば江田さんの職人芸。普段あんなににこにこぽやぽやしてるのにここぞ!というときに頼りになる五右衛門の仕事人江田さんがすごくかっこよくて好きだったから、林くんが受け継いでてものすごくグッときた。個人的にいまだにどうしても江田さんのいない歌舞伎なんて解せないわ〜っていう気持ちがあって、だけど江田さんはいないわけで、そんな中で江田さんのポジションを補うのはやっぱり林くんしかいないよねみたいな。林くん頑張ってるからさ、江田さん観に来てね。
ちなみにこんだけ語っといてなんだけど花道で梯子たてる時の江田さんポジションにはふっかが入ってる。梯子の角度調節したり引き抜きの糸受け取ったりする人ね。
その頃林くんはというとJAEさんと共に梯子を一番下で支えています。林くん下手側。座席でいうと5列目がドンピかな?
これ梯子担いで花道に来る段階でJr.の誰か(わからん)がJAEさんにチェンジするの。林くんはそのままで。体格のいいJAEさんと一緒に梯子を一番下で支える林くんの職人感にときめく。林くんJAEさんとうんって頷きあって確認作業してて、危険が伴う緊張感の中仕事してる姿にときめく他なかった。
あとは動くタイミングの合図の掛け声「ヨッ!」も数箇所林くんが担当してる。梯子を持ち上げるとき、花道に移動しはじめるとき、あとは戻って来て梯子持って捌ける時のヨッ!が林くんだったかな?
順に花道走ってくところは阿部くん→林くん→(残りは不明)の順。今年はあいうえお順じゃないんだね。

車引 三宅丸

健くんの女形のクオリティが見るたび上がっていってるからそれにも今後注目したい。

道成寺 蛇退治・序章

今年道成寺やるって聞いてたから、てっきり小さい子が坊主でおっきいJr.が鳴らし物やるんだと思ってたら違った(笑)

白拍手の舞

滝様と健くんがチントンシャンやってるのがこれかな?滝様の女形のはんなり感よ。熟練の技なんだなあ。

大蛇登場

ねえ蛇ww短くない??wwすごい頭おっきくない??言ってない今ふっかの悪口誰も言ってないよ!既に斬られたテイなのかな?蛇すごい短くてエッ!?てなる。
すのが下手から登場する場面、林くんは花道先頭で登場。

蛇との戦い

再度花道から登場する場面では、林くん座席7列目がドンピ。
出てきてからは、センター→最上手→下手→最下手で投げつけられたカエルみたいなポーズからの綺麗な側転を披露→ラスト見得を切るところはちょい下手寄り。
今年の蛇は去年のお遊戯会みのある蝶の戦いよりかっこよくて見応えある。まわりがバク転する中でシレッとロンダートぽい側転する安定の林くんを観られてふふってなりました。



長くなったのでいったん一幕で切る。
二幕は、小次郎さんがイケメン!ていう話をします。

大丈夫うまくいくさ 夢を見るのは悪くないさ

書いてたら途中なのに公開ボタンが押されてしまってとっても焦った〜〜!しかも2回も。なんなん。なんなんだい。北海道弁てきにいうと「押ささった」の。2度も。なんなの。2度押ささる事件。どうでもいいけどこの北海道弁の、意に反して勝手にそうなってもーた的意味合いを含む「〜ささる」ってちょう便利な言葉だと思わない?「押されちゃって」「押されてもて」より「押ささって」のほうがスッキリしてる気がするもん。あと響きがかわいい。あと京都の「〜しはる」はそれだけで敬うニュアンスになって便利だよね。それほどかたくならずに相手を立てるかんじ。



っていうどうでもよい話からこんにちは。
最近はね、珈琲豆屋さんで買ったお豆でコーヒー淹れてるから朝から幸せ。珈琲屋さんで買ってみようと思ってはじめてのお店に行ってみたら、入った途端広がる珈琲のいい香り、レジの横にはクラゲの水槽、そして奥には白い髭をたくわえたおじいさんが椅子に座って爆睡してて、(ここ通う!)ってなった。時間の流れがゆっくり進むお店すきだわ。


「夢中になれるものがあっていいな〜」
って友達に言われた。「何クンだっけ?好きなジャニーズの子」って振られてから林くんの話しだしたとたん、私の頰がめっちゃ緩んだからだとおもう。自重(笑)好きがだだもれてる。
ちょうどここ数日、(おたくやってなかったら、運にこんなにも気分を左右されることもなく穏やかな気持ちで居られるのかなあ……そういう人生もありかも。ん〜でも好きでいるうちはしょうがないよね。はあ〜〜)とかって考えていたところだったから、その一言がすごく沁みた〜。うれしかった。対象はなんであれ、なにかに夢中になれるって幸せなことだ。まあなんにせよ自分で(幸せだ!)って思えることがだいじな気がするなあ。一生なにかにときめいていたいわ。
そうやって今回みたいに、絶妙なタイミングでうれしい言葉をかけてもらえたり、誰かの何気ない一言に元気づけられて心が軽くなることってたまにある。




そしてねえ見て、春に向けてシール買ったんだ〜!桜!と、お花!はいかわいい〜。桜のシールがいっぱいあって春を感じた。シールって何歳になってもテンションあがらない?DNAに刻まれてるとしか思えない。シールにテンションあがる遺伝子。季節によってレターセット変えたりとかしないから、シールで季節感をだしております。あ、林くんへのお手紙の話ね。お手紙書くのすき。字がきれいに見えそうっていう勝手なイメージから文字は紺色のインクで書くっていう謎のこだわりがあります。それより字をきれいに書く練習をしようね。
そうそうレターセットといえばよ、かわいくて気に入ってるレターセットが廃盤になっちゃうらしくてかなしみ。この際変えるのもありかも?とシール買うついでにレターセットも見てみたけどビビッとくるものがなくて、結局いつものを買い足して帰ってきた。やっぱりかわいい〜〜。ほんとになくなっちゃうのかな〜?(知らんがな)それこそ「定番化してください」ってお手紙書いてみようかしら。舞台期間中は観劇のたびにお手紙書くから、もっとたっぷり入っててお得なレターセットでもいっかなとか思ったりもするんだけどなんかね〜、やっぱ気に入ってたので書きたいなあと思ってさ。
あ〜〜春が来ると思うとわくわくする!


楽しい予定の前ってどうしてもチケットごとで気分が沈んでケッッ!ってなったりヘッッ!てなったりペッッ!ってなったりしがちだけど、好きでやってるんだから楽しく!をこころがけていたいな〜と、かぶきかいとの2時間半にわたる電話耐久レースをしながらおもいました。まる。

おいしいごはんと春の足音



気になってた中華屋さんに行ってきた。白子の麻婆が絶品!(右上) 本格麻婆の辛さが白子のクリーミーな甘みによってまろやかになるの。最高。本日のカルパッチョ(中華屋さんなのに新鮮なお魚も食べられるの嬉しい。ソースもお魚によって違ってておいしかった)、白子の麻婆チーズ焼、イベリコ豚の回鍋肉、自家製厚切りチャーシュー(予想をはるかに超えた厚切り具合!)。回鍋肉もお肉が肉厚でおいしかった〜!プロの味。またこの回鍋肉の豆豉がおいしくって。今度お味噌系中華作るときは豆豉醬にくわえてお豆の状態の豆豉いれるって決めた。豆豉おいしい。
あとは自家製白菜キムチとホタルイカのバジルチャーハンも食べました。自家製ってつくとなんでもおいしそうに感じるマジック。チャーハンもタイ米使っててパラッパラ&ホタルイカの塩気が絶妙にマッチしてておいしかった〜。「あ!これもおいしそう!」っていろいろ頼んだ結果お腹ぽんぽんすぎてはちきれるかと思った。幸せ。汁なし担々麺とかあさりの塩ラーメンもおいしそうだったな〜。あさりの塩ラーメン頼む声よく聞いたからあれ絶対おいしいな。気になる。今度は定番の麻婆豆腐も食べたいからまた絶対行く。



さて。気づけば2月まるっとあいてしまった。仕事ごはんお風呂寝る!仕事ごはんお風呂寝る!仕事ごはん……みたいな毎日を送っているうちに2月終わってた。終わってたよ〜。月火水木金働いた〜♪っつってね(この曲歌ってる人たちの名前最近やっと知った)。毎日ごはんを楽しみにしながら、それよりとにかく寝る!ってソッコー寝る日も多々あり、凹んだり浮上したりしながら暮らしておりました。わたしは元気です。


過ぎ去った2月といえば、林くんの27歳のお誕生日!おめでとうね!あとディノちゃんもお誕生日おめでとう〜!忘れてたわけじゃないんだよ?君のこと思い出す日なんてないのは〜君のこと忘れた時がないから〜〜♪ってくらい覚えてた。ブログ書こうかなあって思ってたんだけど、かしこまって何を書こうか〜とか考えてるうちにタイミング逃してしまった。かしこまらなくても、その時の気持ちを残しておけばよかったかな。もっとラフに!なにか書きたくなったらふらっと来るわ。そうする。なんかねなんだろうな、林くんのお誕生日にあたり想うこと願うことは、たくさん笑っていてね!ってそれだけなんだよ。「あなたの笑顔は僕の太陽!」だからさ?ね。林くんは私にとって、好きでいることで(ほらシャンと暮らそう!日々の積み重ね!)って背筋を正すことができたり(しんっっど……)ってときも踏ん張れたり、そうやって心に潤いと栄養を与えてくれる存在。そこに居てくれるだけで嬉しいから、どうか林くんよハッピーで在れください☆彡ってかんじ。
そうそうハッピーというと、Theyたく2周年企画で林くんが綴ってた「みんなでHappyを作り出していきましょう!」っていう表現が超すきだって話はもうしたっけ?Happyを作り出すって言葉のチョイス素敵すぎない?「Happyになりましょう」とかじゃないんだ、作り出すものなのかって。すっごく印象に残ったの。好きだ〜〜。林くん自身たぶん文才のあるタイプではないんだろうけれど、林くんの言葉はキラキラしてて本人の根明さというか陽属性っぽいところがあらわれてる気がして好きです。あと大河くんにジュース奢ってもらって小さな幸せ感じる林くんっていう雑誌のエピソードも(超すき!)って思ったんだ。素敵だな〜いいな〜〜。林くんと1日の終わりにその日感じた小さな幸せを報告し合いながら眠りにつきたくない?『朝の電車ギリギリ間に合った!』とか言ったら「それはさ、余裕持って出よ?」とか正論で返されそうだけど。脱線&妄想。


はい。というわけでハロー3月!
歌舞伎の当落も出まして。お稽古も始まって、春はもうすぐそこだね。歌舞伎にクリエにと春に向けて始動した様子を伝える林くんのTheyたくがなんだかハツラツとしてるように感じて元気もらいました。2月に続き今月も「早くステージに立ちたい!」って綴られていて嬉しい。たのしみだ!
そして今日はついにクリエの当落も出ます、と。もうほんと考えるだけで胃が痛い。ああ〜もうほんっっと当落でるのこわいいやだ……あああ…考えないようにしよって思うのに2分おきくらいに(あああ……クリエ………)ってなるわ。今日はご飯が喉を通らさなそうだから昨日のうちにおいしいごはんたくさん食べといてよかった〜〜。って発想が食いしん坊のそれ。当人生はおいしいごはんと林くんを生きる糧にお送りしています。
楽しい春になるといいなあ。いや、なるね!なるなる!楽しい春にいたしましょう♪
GOOD LUCK!ご武運を!!

天に届け舞い上がれ






もう一度あの日に戻るとしても おなじ路選ぶだろう



6人で同じ衣装を纏って踊る姿を初めて目にした日。終演後友達を待ちながら、もしかして今日っていつかこの歌詞でいうところの「あの日」になるのかなあ……なんてぼんやり思った。

「手ェ挙げろ!」の合図で左右に揺れだす光の渦、そのなかでそれに負けないくらいのキラキラを振り撒いて踊る林くんがほんとうに好きなんです。楽しさを体現するようなキレと*1羽根が舞うような軽やかさと、向けられた視線に丁寧に応える笑顔と。聴き慣れたいつもの曲も林くんが踊るだけで何度でもときめきが蘇って、音符が弾んで聴こえてくるような感覚。双眼鏡で作った丸のなかを林くんでいっぱいにしながら、目に映る光景の眩しさと儚さにちょっと泣いた。


大所帯から4人で名前をもらって、3人になって、2人で出た年もあって、6人になって。様々な変遷を経て今に至るなかで、きっといくつもの「あの日」と呼べる分岐点があったんだろうと想像する。いつも居る、けれど、それが当たり前ではないんだ。そう思うと、16年という歳月の長さに改めて敬意と感謝の気持ちを抱かずにはいられなくなるのです。林くんがステージに立ち続けているからこうしてその魅力に気づけたこと、毎日の暮らしの中で想うだけで気持ちが前向きになれる存在が居ること、ほんとうに嬉しく思います。贈る言葉はありがとう!って感じ。当たり前なんてない世界で、そこに居てくれて嬉しいよありがとねって少しでも伝えたくて客席から団扇を向けるのかもしれないなあっておもった。



と、ここで入所日にあたり林くんのファンとして個人的に嬉しかった・印象に残ったインタビューの一節を載せるね。


少なくとも考え込むことがないのは本当で、辞めたいと思ったことがないのもそのお陰かも。すごくキャラの濃い人…例えば手越(祐也)とか(中島)健人とかを見ると、『ああいうのがアイドルなら、俺は向いてないのかも』と思ったりもするんですけど(笑)、頑張るしかないってすぐ切り替えられます。あとはやっぱり、ステージが好きだからかな。注目を浴びるのは苦手だから、普段はなるべく目立たないようにしてるけど、ステージに立ってお客さんから拍手をもらうと、やっぱり楽しいなあって思うんです。 *2


ダンスクジャニーズJr.徹底解剖のインタビュー。このインタビュー、全体通していつになく内面を掘り下げて話してくれてる印象があって*3もうほんとうに家宝なんだけど、その中で話してくれたこの「ステージが好きだから」「やっぱり楽しいなあって思うんです」っていうシンプルな言葉がすごく胸に響いたの。心のなかに幸せが沁み渡るような気持ちになった(そして「普段はなるべく目立たないようにしてる」発言がらしすぎてふふってなる)。


17年目もお仕事を通して「やっぱり楽しいなあ」って喜びや幸せを感じる瞬間が林くんにたくさん訪れますように。この先も凛と咲いて歩いていく林くんのさまざまな姿を表情を楽しみにしています。






(以上、超っっっっ絶日付詐欺にて失礼しました!忘れてたわけじゃないよ!めちゃくちゃ遅れてもどうしても書いておきたかったのです、大事な日だもんね)

*1:おやおや…?という日もあったけれど(笑)

*2:『Dance SQUAQE vol.15』

*3:いつになくというか掘り下げる機会自体が超貴重という説も

飛んで未来の先に行け!



あけましておめでとうございます。
皆さま輝かしい新年をお迎えのことと心よりお慶び申し上げます。



って、かたいよ!真面目か!
はい。さっそく原くんの芸風をパクってみました(芸人ちゃう)。原くんね~大好きなんだよ〜。原くん好きだわあ。林くん?林くんのことは宇宙一好きです。大真面目。
今年はブログに写真を載せてみようかとおもって。夕焼けと夜のグラデーションがきれいだったから載せる。田舎は空が広いんだよ〜。あと見て!一番星見える?右上。宵の明星?
一番星が光ってるのを見て、ああ林くん元気かなあ〜っておもいました。私の一番星。






「この日、この瞬間を忘れない!」
そんな瞬間が何度も訪れた2016年だった。

“役者林翔太”覚醒の春となった『滝沢歌舞伎2016』。三役を巧みに演じ分け、愛憎と怨念渦巻く怪談の世界へと観客をいざなった林くん。お芝居だけでなく「seasons」では歌声を、「Maybe」ではそのダンスを堪能できたのも嬉しかったなあ。ダンスも一歩攻めた魅せ方っていうのかな、しなやかさの中に強さを感じたり、情緒あふれる眼差しに胸が切なくなったり。林くんのダンスがほんとうにほんとうにだいすきだ〜〜!ってしみじみ思ったの。息をするたびに胸いっぱいの幸せを吸い込むような日々だった。
祝TV!祝地上波!がまさかのクリエ最終日とカブったNHK時代劇『鼠、江戸を疾る2』。“林翔太”でキーワード登録してた自動録画予約が初めて稼働しててめちゃくちゃ感動した〜!林くんNHK顔だし(ってどんなやねんって言われそうだけどなんとなくわかるでしょ?)、今後もお声がかかりますように><そして滝様、本当にありがとうございました。
9月には自身初となる外部舞台、舞台「アンダースタディ」。シュンちゃんとの出会いは私たちファンにとっても忘れがたいものとなりました。こんな林くん観たことない!役を通してそんな姿と出会える喜びを教えてもらった。そしてそれとおんなじくらい、カーテンコールで“いつもの林くん”に戻るのもすきだったなあ。誰の後ろでもなく、舞台の真ん中に立って、いつものように「ありがとうございました」って感謝を口にする林くんの姿はいつも以上にグッときた。千穐楽のあの達成感に満ちたような晴れやかな表情も宝物。こんな林くんの姿や表情を目にすることができてファン冥利につきるなあっておもった、夢のような10日間だった。ウルトラマンとおんなじエレベーターに乗ることも今後きっとないだろうね(笑)
そして10月末。これも自身初、持ち前の声の良さを活かした声のお仕事への挑戦!NHKラジオドラマ「劇ラヂ!2016」。声だけで感情の機微を表現する様子がとっても印象的で。これからもこうやっていろんなことを経験して表現の幅を広げていく姿を見守っていきたいなっておもった。

と、2016年は主にお芝居のお仕事を通して林くんの新たな魅力と出会った年。
蒔いてきた種が花開くように、真摯に培ってきた実力を発揮して活躍の場を広げていく様は本当にかっこよかった~。林くんが「お芝居を頑張りたい」って今後の野望を言葉にして伝えてくれたこともすごく嬉しかった。ほんっと2016年の林くんかっこよかったよね?!やっばいな……って思ったもん。どうしようすごい好きなんですけど、って。引き返すつもりは毛頭なかったんだけど、もう林くんがいる限り私ジャニオタだわ添い遂げるわ、って何度目かの覚悟を決めたの。大好きな人への愛が重いのは林くん譲り、いわゆる担タレってやつだから許してほしい。

他にも、ジャニーズJr.カレンダーに最新プロフィールが載ったり、『ゴゴスマ!』の“ラッキーアイテムJr.”への出演*1、歌舞伎やアンダースタディのくくりでの雑誌掲載、遂に…やっとThey武道ダンスクの表紙に!、林くんダンスクの「ジャニーズJr.徹底解剖」企画の一人目に選ばれる、などTVや紙媒体へのメディア露出もひとつひとつがほんっとうれしかった。

もうねほんと、去年のこと話し出すと「うれしかったbot」「幸せだったbot」「林くんありがとうだいすきbot」になってしまう勢い。それくらいほんっと林くんのファンで居られて幸せだったの。
こないだの嵐コンでも実感したんだけどね、好きだな素敵だなって思う人(タレント)は他にもいるけれど、私こんなにもその存在にときめく人って林くんだけなんだよ。今現在。ナウ。そういう存在を端的に「自担」って言うんだろうねきっと(笑)そういう、理屈抜きで大好き!が湧き出るこの感覚や感情と、そうやって幸せをもたらしてくれる存在をこれからも大切にしていきたい。自分の中の「好き」に素直になるとこんなにハッピーなんだなあって実感した1年だったなっておもいます。




そうして季節は冬に差し掛かるころ。
「ねえ、Theyが増えるって噂の出どころってどこか知ってる?」
友達にそんな連絡をしたのはちょうど劇ラヂの頃だったっけな。
They武道から宇宙Sixへ。
2016年は、ユニットが大きな変革を遂げた年でもありました。
いやいやまじ…なの?原めぐ…?って思いながら札幌に飛んだらまじだった。
ここに来て更なる変革を選ぶ、築いてきたものを手放してまで一世一代の*2大勝負に出たThey武道(と幸大くん)、めちゃくちゃかっこいいなって思うんです。全然未来を諦めてなんかない。
そしてそんな船(…宇宙船にしとく?林くんロケットって言ってたか)に一緒に乗り込んで、新たな風を吹かせてくれる原くんと目黒くんには本当に感謝!の一言に尽きる。原くんと目黒くんのファンの方も、一筋でも光を感じてくれていたらいいな。
ていうか、ねえ、カウコン観た?
宇宙Sixご覧になりました????

「2017年はきっと明るい年になるよ!」

Theyたくの2周年記念スペシャルメッセージで林くんが綴っていた通り、
明るい一年になると期待せずにはいられないほどの活躍っぷり。衣装もたくさん用意してもらっててうれしかった~!白スーツ着る林くんだいすきの極み。V兄さんのバックにつく宇宙Sixもめっちゃかっこよくて。ユニットが6人になったから実現した光景なんだなあって、思ってさ。なんかすごくグッときた。


と、そんな風にまさに輝かしくスタートした2017年。
とか言いながらそういえばなんか3月?だっけ?にあるJr.コンに宇宙さん呼ばれてないことをたった今思い出したけど全然泣いてない。泣いてないよ。帝劇で「宇宙に未来はない」って書いてある紙ばら撒かれてるらしいけど全然泣いてない。まあ宇宙Sixができた時点で未来のないところに爆誕して道つくろうとしてる感じするもんね。未来は切り拓いていくものだ。
2017年、江田さんも話していたように、6人だから叶ういろんなことを大きいことも小さいこともひとつでも多く手にすることのできる年になりますように。さらなる飛躍を心より、心より心より祈ってる!よ!


というわけで、
本年も、林くんがくれるハッピーをたくさん書き留めていく所存にございます。真面目か!口上か!
みなさまにとっても、ハッピーな1年になりますように!
本年もよろしくお願いいたします。

*1:「塩で身体を清めることにはまっている」と紹介されスタジオの空気が凍ったのもこのとき

*2:と言っても多分過言ではない

Are you happy?ー東京11/20 後半〜En.

「やれば終わる」
大野くんが話していたこの言葉がすごく好き。
林くんの神様大野くん、いつも生まれてきてくれてありがとう!
36歳のお誕生日おめでとうございます。
どうか健やかで幸多き一年を。
これからも生粋の大野くんファン林くんのことをよろしくね。



さて、続いて後半戦。

第67回NHK紅白歌合戦白組司会相葉くんによる曲振りでスタート。

17.Baby blue(松本ソロ) ★◯


メインステ下手→縦花→センステ

松本「皆さん楽しんでますか〜?後半戦も盛り上がっていきましょう^^」

って潤くんのゆるい煽りで始まる。肩に力の入ってない潤くんはたいそうかわいい。

Jr.下手登場(6人くらい途中からメインステに3-3で登場して合流するけど誰か不明)。
登場時林くん最下手。この曲唯一林くん下手。
衣装は鮮やかな空色のトレンチに白パンツ。60sっぽいレトロポップな雰囲気。
かかとを外側に跳ね上げるラインダンスも、センターに移動するときそれぞれのポーズでロックして移動するのも、全体的にマネキンとかお人形さんっぽくてかわいい。林くんのポーズは肘を吊られた操り人形みたいに両腕を直角におろして頭を下にもたげるようなポーズ。

メインステでのハット被せ、林くんは福谷くん(黒髪センター分け)とペア。林くんが福谷くんのハットを真上に持ち上げる→林くんの周りを福谷くんがぐるり一周→戻ってきた福谷くん林くんが持ってるハットにスポッと収まる、これを向きを変えながら何回か繰り返す。ハットをひょいって持ち上げて福谷くんを走らせる林くんに「動きませんよ、僕先輩なんで」って吹き出しをつけたい。

ちなみにこれ目黒・基ペアというおっきいわんわん・小さいわんわんの組み合わせが存在するらしく(観れてない)!なにそれ絶対かわいい……!
しかも何故かおっきい目黒くんが周るほうで基くんがハット持ち上げる方なのだとか。小さいわんわんのまわりを大きいわんわんが周るの絶対かわいいじゃん><そんな身長差のせいか案の定スムーズにいかずわちゃついてるらしく(笑)なにそれめっちゃ観たい観れない>< ぐぬぬ……!

センステへ移動時、センター花道で縦一列になるとき林くんの前が江田さんなんだけどこのとき初めて観たこの衣装の江田さんが抜群にかわいくてびっくりした!江田さん抜群にかわいい!!

その後のフォーメーションでは林くん上手側の前から3人目くらい。
前から3・4・3・4・2で並んでる前から3番目の上手側。
林くんがやや澄まし顔で、かすみ草みたいな笑顔で踊っててかわいいの!
このとき最前列のセンターは宇宙SixのMKこと幸大くん。爽やかな衣装着てドヤ顔キメ顔で踊る幸大くん、ハンバーグセットからのチョコミントアイスって感じ。爽やかさとくどさとかっこよさのバランスが絶妙。褒めてる。
林くんはクリームソーダ。シュワシュワ感。
ちなみに江田さんはパフェの一番上のさくらんぼね。最年長の江田さんが一番可憐!江田さんほんっっとかわいいからみんな見て!!
江田さん観てると女子ドルを愛でるおじさんの気持ちになる。おじさんになったことないけど(笑)


あとさあ噂によるとこれモニターに潤くんのプラベ写真が流れてるらしいじゃないですか?
会場では一生見れる気がしないからどうかBlu-rayでその映像アングルをください。
今回の潤くんソロ、「Are you happy?」をつくるにあたり誰よりもまず自分自身に問いかけてみた答えがこれです、っていうのが伝わってきてすごく好き*1
過ぎ去った時間や思い出、人との出逢い、空の青さ、ひとつひとつを慈しむことのできる潤くんの真面目さとピュアさに心が浄化される。


18.Miles away
19.果てない空

20.WONDER-LOVE
すき!嵐が踊ってる!!すき!
白いヒラヒラの衣装が踊るとフワリヒラリ舞うのが良い。
妖精さんがいるな?と思ったら相葉くんだった。
前やってたリフレインもこんな風にヒラリ舞う白い衣装だったよね。あれも好きだったな〜。

21.また今日と同じ明日が来る(二宮ソロ) ★

衣装はカーキのMA1に白T、濃いグレーのスキニーに黒い靴。

ハイこれに定価!!!!!!!!
神様仏様二宮さま!!!!!!!!

まじで超かっこいいの宇宙Six!!!!宇宙Sixが超かっこいい!!!!!
すごい画が強いの。この画の強さは3人では出せなかったな……って一瞬で思った。そりゃThey武道のまま3人寄り添ってゆく未来だって欲しかった。欲しかったよ。でもこの6人の圧倒的なかっこよさを前に、もう宇宙Sixを受け容れ肯定し絶賛する他ない!ブラボー!!ってかんじ。すごいかっこいいんだもん。まじめっちゃかっこいいの!(わかったから)
これまでもThey+誰かで組んでソロのバックにつくことはあったけれど、そういう時には感じることのなかった「グループ感」をすごく感じた。これ不思議だったな〜。Theyと幸大くんと原めぐ、じゃなくてちゃんと宇宙Sixになってるのがダンスから伝わるのよ。
もう本当にこんなにもかっこよく素敵な姿で新ユニットをお披露目させてくれた二宮御大にはただただ感謝しかない。

これ振付けたの誰なんだろう??お歳暮贈りたいわ。ほんとこれ振付誰なんだろう梨本くん?天才とお呼びしたい。どことなく屋良っちテイストも感じた。「Get up!」を彷彿とさせるような躍動感・スピード感に溢れていて。
残像を振り払うようにダイナミックに踊ったかと思えば、ふとした時に脳裏によぎるその姿に切なさがこみ上げて苦悩する。そんな「静」と「動」の緩急に惹きつけられるダンスだった。

「声を聞かせてよ」のところで、左手で口元を覆って右手は大きく左に振りかぶる→「てよ」あたりで右手を前に出して静止する振付が印象的だった。
あと途中あぐらで横並びになるところもかっこいい。
宇宙Sixが後ろから一人ずつそれぞれのポーズとるところも超かっこよかった。
「動」が激しいから「静」が際立つというか、さっきと同じこと言うけどこの振付の「静」と「動」のコントラストがすんごい好きなの。
あぐらから起きたあとかな?次のフォーメーションまではフリーっぽくて、にのちゃんの前をキュイッてターンしながら移動してた林くん超かっこよかった。札幌の13日はどこだっけかでアウター半分脱いでバサァ羽織り直す仕草もやっててそれも超かっこよかった。林くん超かっこよかったbot。踊ってる林くんがかっこよすぎて双眼鏡覗きながら泣いたもん。永遠に観ていたいと思った。
あとねダンスはもちろん、それに付随する林くんの表情もとっても好きで。曲の世界の中に居るの。
こういう切ない曲を踊る林くん観てるとほんと好きを拗らせるね。

今度観るときにはもっと振付を記憶できたらいいな〜
とにかく、広がる闇の中に浮かぶ、真っ白いライトに照らされる7人の姿が本当にかっこよかった!!また今日と同じ明日があと100回くらい来て欲しい。

22.Amore(相葉ソロ)▲◯

センステ
ねえ、余韻www
二宮ソロに浸る時間欲しい。

今年の相葉ソロは、エア自転車、エアサーフィン、ヘッドスピンそして締めのバク宙と盛りだくさん!チャレンジすることをやめない相葉くんのアグレッシブな生き様に尊敬の念を抱くソロ。
相葉くんはもちろん、特にエアサーフィン、Jr.たちの身体の張り具合も負けず劣らずすごい。
あれサーフボード役は岸くんかな?
その今回嵐組初参加(だよね?)の岸孝良くんがいい表情してるの。ニコニコ楽しそうで。ベテランのMADEに混ざっても遜色ないくらいダンスも表情もいい!特に相葉くんが担架で運ばれるくだりで、どうしよう!ああたいへん!みたいに頭抱えてる岸くんかわいかった〜。 岸くんお口が大きいのかな?表情が豊かにみえる。
相葉くんソロは毎年Jr.が相葉くんと一緒になって楽しんだり盛り上げたりしてるのがいいよね。チーム相葉!LOVE雅紀!って感じ。

ところで担架から相葉くん投げるところ、ちょっとソフトになった?札幌で相葉くん勢いよく転がった日あったからかな。もうほんっと相葉くんに「いのち だいじに!」っていう団扇見せたい(笑)
あと稲葉くんがいつ見てもぽやぽやしててかわいかった!首の座らない26歳。優しいお母さんの元ですくすく育ちましたって顔してるよね。かわいい。

23.青春ブギ★▲◯

学ラン!!!!
林、お前今日高校はどうした??っておっと林くん26歳なんでした☆〜(ゝ。∂) ……うそやん?(真顔)
ってなるくらい学ランが似合ってる。フローラル系柔軟剤の香りがする林くん(高2)、リア恋……!!林先輩かっこいい!って言って友達に「え?どこが?」って言われたい。「顔とスタイルと声が!!よく知らないけど性格も!!」って返したい。球技大会で意外とどんくさい林先輩見てときめきたい。他校に中学から付き合ってる彼女いるって知って凹みたい。


曲が始まる前の導入部分は相葉くん脚本の『恋愛リハビリ道場』。
お部屋のカズ、愛の釣り人大野さん、恋文の翔、ドMのJ、ヘンタイ警備員熱血の相葉。
ちょっと今しがた私も林先輩に擬似失恋したんで門下生になっていいですかね。

お部屋のカズチームのえだはや。
上手であぐらかいてゲームするカズのうしろで同じようにあぐらかいて座ってる。カズの上手側に江田さん、カズの下手側に林くん。
紹介されたあと、あぐらのまま3人でゴロンゴロンて時計回りに回ってたの地味にすごかった!起き上がり小法師的な。
そのあと、カズが持ってたゲームのコントローラーを回収する林くん。
残りの嵐4人が紹介される中、上手で2人並んで待ってるえだはやがかわいい。

曲が始まる前にセンター上手寄りに移動。
あ、そうそうこの青春ブギ、後ろに暖簾のようなものがあって「師範代:嵐の名前 舎弟:Jr.の名前」ってJr.の個人名も載ってるの!めっちゃ嬉しい!名前載せてくれてありがとう><

振付は全体的に応援団みたいな振り。
「Love you and I love you!」の2回目の「ラビュ!」で両腕で頭の上にハートマーク、わかりやすく言うとお猿さんウッキーのポーズをする。……シュンちゃん*2!??
「その華奢な肩も」左右の肩に触れる
「長い髪も」三つ編みを下から上に編み上げるみたいにクロスした手をクネクネ上へ。林くんの手が綺麗!
あとどこだっけな〜、左足を右にクロスして上半身は屈むみたいな振付のときの、林くんの左足の伸び具合がすごい好きなの。型が綺麗。スッ!て。ほんと林くんのダンスは型が綺麗で好き。

2番のAメロは手を頭の後ろに組んで中腰で足をいち!にー!って交互に出してぴょんぴょん。ハムストリングスに効きそうな。
2番Bメロはハの字フォーメーションで各々頭抱えて嘆く。林くんはorzこの体勢で床をペチペチ叩いたあと、右手を伸ばして嗚呼…!ってすがるような表情。

青春ブギは嵐とJr.によるエクササイズDVDにしてほしいわあ。見入っちゃってエクササイズどころじゃないか(笑)

〜Happyメドレー〜

24.Happiness
25.きっと大丈夫
26.A・RA・SHI

27.Troublemaker ★▲◯

トラメ踊る林くんが超好きなの。とっても。
コンサートって、曲によって、とりわけいわゆるファンサ曲がそうかな、揃えることが重視される舞台とは違って各々のダンスの癖が全開になる曲があるのが好きで。
って同じようなこと林くん言ってたなと思って探した。これこれ。

「嵐のコンサートと『PLAYZONE』の違いは…やっぱり、コンサートだと自分の個性を出せるってことかな」*3

トラメ特に林くんが超林くんなの。特にイントロとアウトロ。
林くんが足閉じる振付のときにふわって跳ぶのがすごく好きなんです。
ふわって跳んでからのキュッキュ!
「輝きを秘めたハートビート」のところとか、ラフに音に乗るときの林くんのダンスがほんとに好きなの*4
足元から音符♪がでてそうな、るんっ♪てかんじ、楽しんでる〜!っていうのが伝わってきてかわいい。

28.LφveRainbow ★▲◯

トラメとラブレのリミックスになってて、
ラブレのサビをみんなで踊ったあと、
下手組はラブレに乗せてトラメの振付を踊る!器用。

アウトロでまたトラメに戻る。

29.言葉より大切なもの ★▲◯


※Jr.紹介

宇宙Sixは紹介されるとシャキーン!みたいな宇宙戦隊っぽいダンスしてる!
これ紹介される時にジャニーズJr.・MADE・宇宙Sixそれぞれ全員の名前がモニターにおっきく映し出されるの。胸熱。嵐おじさん(お兄さんな!)ありがとう( ; ; )

全体紹介のときかな?幸大くんが両手で左右ひとりずつ同時にJr.をクルンて回してるのかっこいい。よっ!力持ち!!
その回される下手側が林くん。林くんが股の下から幸大くんと手繋いで、そのまま空中ででんぐり返る、みたいなアクロだった。

そのあと上下に分かれて、
下手側は林くんが基くんを後ろからお尻を押すように飛ばして、基くんが原くん岸本くんの上を馬跳びで跳び越える!
20日は高さか勢いが足りなかったのか原くんの前にしゃがんでる岸本くんを跳び越えきれず、基くんのお尻が岸本くんの頭をガンってかすめてて。
それをうけて下手組がおい大丈夫か!?って岸本くんの頭ナデナデして心配してたのちょうかわいかった!!(※岸本くんはお怪我もなさそうで無事だった様子)
特に原くんめっちゃ心配そうにナデナデしてて好きになるかと思った〜〜……!原くんてあれだね、少女マンガでいう「原くんみたいな人を好きになれたら絶対幸せになれるのに」枠。
林くんは基くんのことペシンてして、そのあと基くんの背後からおでこを全開にするイジリも抜かりなく。
ただこの日てんやわんやしてたからすごいササッとやってて笑った(笑)そこまでしてやるんだ、って(笑)
これ札幌2日目から毎回やってて。
春の歌舞伎で、滝様の指示による全員デコ出しDAYが設けられていたんだけど、基くんおでこ広いからか滝様直々にデコ出しNGになったらしいのね(笑)
そのデコ出しNGネタをイジって、
背後からしのびより基くんのおでこをガッ!て全開にする林くん→ちょ、も〜〜やめてくださいよお!ダメなんですって!って抗議する基くん(嬉しそう)
っていうかわいいことしてるの。
まさか林くんと基くんの絡みが嵐コンで観られるなんて春には思ってなかった〜〜!嬉しい!
基くんWELCOME嵐コン!
どうせなら前田くんもいて欲しかったな〜(歌舞伎無所DD)。

30.ワイルドアットハート ★▲◯


基くんとワイワイした後、スタターって縦花を駆けて先頭に行く林くんがかっこいい。
そうだったこの人嵐バック大ベテランなんだった…!みたいな。林先輩かっこいい!ヒューー!ってなる。

Jr.紹介で宇宙Sixって紹介されたあとの曲がワイハなのグッとくる。
ワイハはThey武道にとって思い出の曲だもんね。(って当時のことDVDでしか知らないけど)
一度きりの人生転がるように笑って泣いて生きてゆこうぜ、ベイベ!

この曲は林くん下手向き。

31.感謝カンゲキ雨嵐★▲◯

立ち位置入れ替わって林くん上手向き。

32.愛を叫べ ★▲◯

林くんメインステセンター。
去年もやった曲で本編ラスト迎えるのどうなの?と思わなくもないけどJr.が踊ってるからオールオッケー☆〜(ゝ。∂)
今年も愛を叫べを踊る林くんを観せていただきありがとうございますお嵐さま!


En.
33.a Day in Our Life
最近aDayで櫻井くんがあの気持ち悪いステップやってくれないの寂しい。全身全霊(右)、目指してく(左)、自分取り戻す(右)、ために(左)ってやつ。

34.五里霧
のーるかっ!?そーるかっ!?の後の「ィエスエス!!」を全力でやって浮いた。


35.エナジーソング〜絶好調超!!!!!〜
五里からのエナジーソングで酸欠になるかと(笑)
BBA調子にのるべからず。
Jr.がいると基本野鳥の会ならぬ天体観測(宇宙担なので☆てへ)だから、こういう曲で盛り上がるとライブ来た〜!って感じが楽しくてつい。

36.Daylight ★▲◯


この日のDaylight前の挨拶、潤くんの前髪がセンターに寄ってキューピーちゃんみたいになってて、かわいすぎて、ぜんっぜん話の内容が入ってこなかった(笑)モニターに映るたびに前髪かわいい><!ってなっちゃって全然話聞いてなかったわ潤くんごめんね。

“第67回NHK紅白歌合戦ロボット”こと相葉くんによる曲振りではじまる「Daylight」。嵐がその設定にのっかってイントロでちゃんとお辞儀してるの微笑ましすぎた。
相葉「練習していいの?うまくなっちゃうなあ〜!」4人「うまくなっていいんだよ!笑」っていうやりとりにも笑った(笑)
相葉くんの紅白の司会が決まって、4人が本当に嬉しそうで、誇らしげで、何より相葉くんの不安を少しでも和らげようとしてて。なんかもうその空気感があまりにもあったかくて嵐っていいなあと思った。

「キミの夢を見ていた」「ユメニカケル」ここ数年コンサートの終盤で歌詞に林くんを重ねて泣くのが恒例化しているんだけど、今年の「Daylight」も例に漏れず歌い出しの「誰もが同じ悔しさで夢の終わりを認めないように」からもうダーーって泣く(はやい)。宇宙Sixっていう新たな道へ歩みだした自担を想いながら聴くDaylightほんとうに沁みる。そしてまた歌詞が映るモニターの背景が宇宙空間で光る満天の星なの。宇宙担泣かせ。

Jr.はラップ途中、「僕のノート」の後あたりから上下にわかれて登場だったかな。
林くんは上手の先頭。
そこから立ち位置について、大サビから踊り始める。
このDaylightのダンス、林担が絶対好きな林くんだった〜。バレエっぽいというかジャズっぽいというか、指先つま先が綺麗で、指先を追う視線が情緒的。林くんが得意とする類の振付。ちょっと手話っぽさもあったかなあ。
右腕を高くかかげた時、それを追う視線がすごく好きだった。あとこの時ナチュラルに腹チラしててヒッ…!ってなる。Daylight 腹チラに注意_φ(・_・
そのあと手を前に出すとき*5も視線が指先を追っててさ〜ほんと林くんのそういうとこ好き!



※Jr.紹介
宇宙Sixさんのかわいい6ポーズが見れるのはここ!!
Jr.みんなで手繋いでおろすとき、この日林くん江田さんの手ぇギュッ!てしたのちブンッて勢いよく離してた。もっと江田さん大事にして〜!(笑)
そしてメインステ正面奥に捌けるときも江田さんへのタッチ(脇腹への攻撃)を欠かさない林くん。出たよ( ◜◡◝ )ってなるね。まあこちらとしても林くんの江田さんへのセクハラ見ないと嵐コン終われない的なところある。
江田さんいつもありがとね。林くんをこれからもよろしくね。
っておもいました。

以上、
林くんが楽しそうで、うれしい!たのしい!だいすっっっっき!!!!!って心底思った11/20の覚書でした。

*1:好きと言うわりに潤くんのこと冒頭の煽り部分しか観てない件ついてはツッコまないで><

*2:@アンダースタディ

*3:ダンスクvol.6

*4:去年のBelieveもその枠。ラップ前の間奏超好きだった

*5:持ってる君へ〜かな?届けこの想いよ〜かな?そのへん